fc2ブログ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
最近仕事がずっしりという感じの毎日であったので、久々に城館探訪へ赴いた。
場所は埼玉県東部を行こうかと考えていたが、気楽にいけるところという事でときがわ町へ。

●馬場(ときがわ町)
旧都幾川村には源義賢の家臣だった武士が多く住んでいたようである。
その義賢が甥の義平に討たれた後、家臣たちは都幾川地区に落ち延びたのだという。
馬場氏もその一人で、現在の大字馬場もそこから名が付いているのだという。
行ってみたがいいが、北面に緩やかな坂をなしているだけで、館跡らしきところを発見する事ができなかった。

●本郷殿ヶ谷戸(ときがわ町)
本郷字殿ヶ谷戸は坂本氏が居住していた地区で、坂本氏が殿と呼ばれていた事から名が付いているのだという。
坂本氏自体は詳しく調べていないが、恐らくは中世期より居住する在地土豪であろうか。
当地に坂本さんは多いが、格式のある家は一軒のみで、その側を殿ヶ谷戸沢という小川が流れている。

●別所内手(ときがわ町)
当地には源義賢の遺臣、加藤内蔵助貞明が住んでいたとされている。
この辺りの都幾川は急峻な渓谷を成しており、字内手の地名はこの崖に面した所にある。
道路の区割りでなんとなくここかというイメージが沸いていたが、確証はなし。

●大附内手(ときがわ町)
室町期、上田氏に仕えた某左近の住んだ場所であるという。
山間にある場所であるので、なんとなく閉塞感がありそうな想像をしていた。
大附への道はどんどん登っていき、集落に到着した頃には山腹ながら拓けた場所であった。
それ以上に価値があるのはこの集落より東京都心部の高層ビルが一望できる事である。
普門寺の西付近が内手、大附集落の東には的場の地名が残っているが、明確な遺構を発見できなかった。

●大谷ヶ原(越生町)
そのまま南下し越生町に入る。
ここ大谷は鎌倉街道上道と慈光寺道を繋ぐ道が走っていたとされ、交通が盛んな地域であった。
当地には元屋敷、堀之内、内出といった地名が残っている。
ここは以前歩いてみた事があるので、遠景写真のみで終了。

●愛宕城(越生町)
如意字白坂はかって堀の内と呼ばれていたようで、比高40m程の小さな丘が愛宕社があった事にちなみ愛宕山と呼んでいるようである。
しらさぎ団地南の丘陵部で、団地造成によりいくらか切りくずされている。
特に期待しないで藪漕ぎして行ってみたが、殆どが自然地形で、そこを屋敷と呼ぶのはいささか無理があるように感じた。


あともう数軒行こうかと思っていたが、日没により今回は終了。
まだこの近くで発見された城館まがい地が数多いので、今後も隙を見つけて城館探訪をしてみたいものである。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ