fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
本日は大変お日柄が悪くなりそうで、これから雨の予想。
それでも久々の平野部館跡の調査という事もあり、ルンルン気分で南埼玉郡菖蒲町へ。
調べ残しを解消すべく、資料を片手に回って見る事になった。

●内藤氏陣屋(菖蒲町)
やっと夜が明け、うす曇りの中だが栢間小学校の南側の解説板を見るだけに訪問。
この南を将来圏央道が開通するとの事で、これからどんどん風景が変わってくる予感が漂う。

●館山(久喜市)
福田氏の別館があったという館山へ。
今回は図面を持っての再訪問だったので堀跡の場所は簡単に発見できた。
だが、資料に載っている頃に比べて堀が埋もれているのが少々残念。

●関根氏屋敷(久喜市)
埼玉の中世城館跡においては室町期の屋敷としているだけで、肝心の関根氏については殆ど分からない状態である。
小学校がその敷地なので、小学生が来襲する前にカタを付けねばならなかった。
ので駆け足に近い周囲探索であった。不審者扱いされないでよかった。

●足利政氏館(久喜市)
なんだかんだ言ってここは初訪問であったりする。
甘棠院境内がその館跡となっており、東側より回り込んで駐車場へ赴くとご住職が居られた。
流石に県指定史跡だけあり館跡名を言っただけで見学を快諾下さった。
更に甘棠院にまつわる本まで下さり、感謝が絶えない思いである。
空堀も保存状態は良く、墓地の塀越しに遺構を見て楽しむ。
この辺りから雨の降りが本格化する。

●米津氏陣屋(久喜市)
市街化され、徹底破壊がなされていると覚悟の訪問であったが、御陣山児童公園として保存されていた。
もはや陣屋があった名残を残すのはここぐらいになっていたが、その塚になんとも言えぬ趣を感じさせられた。


それから久喜市立図書館の駐車場に車を停めさせていただき、一時間ほど仮眠する。
県立図書館の方は城館資料が全滅状態だったので、郷土資料には期待していた。
そしてその期待に応えてくれるかの如く、資料の多くを入手する事ができた。

その後、白岡町大山小学校裏にある民俗資料館に行ったが、開館日が「木曜と日曜のみ」との事で、無念の退場。
後で調べた資料によればここに「大崎陣屋」と呼ばれる江戸期の遺構があったようで、下調べの甘さに何度か泣きを見る事に。


●篠津久伊豆神社(白岡町)
当篠津地区は武蔵七党の一つ野与党が本拠であったという事から訪問。
流石に露骨な城館遺構は発見する事ができなかったが、それなりの風情を感じる境内に、
浅間神社が建つ塚には、かって物見台として利用していたのではないかという、甘い期待を感じさせられる。


それから白岡町役場へ赴き、小字名の調査をする。
運良く税務課において小字と番地の表があったのでコピーさせていただいた。
少々雨の降る中、町立図書館まで行き、資料を集めて本日は終了。

混雑する時間は睡眠を取り、空いた時間を見計らって帰宅してきた。
感想としてはあまり皆さん調べない平野部の館跡ゆえに、個人的には燃えるジャンルであるという認識を改めてしたという所か。
また近日資料集めと城館探訪をしたい所である。
コメント

お疲れ様です

雨の中の城館探訪お疲れ様です
寝ずに行かれたのでしょうね。
だいぶ気力が回復してきたようですね。
この調子で来月の大物攻略と行きましょうか。

史進様へ

実は雨の中の城館探訪もまた味わいがありまして。
基本は晴れて北風が吹き荒れる時に訪問するのが好きなのですが、
傘をさしながら回るのもまた良しという所です。

大物の件了解しました。
私も探訪した事のない場所ゆえに、実に楽しみであります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ