fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
2008年11月23日のW氏初の栃木県城館探訪の模様を写真と共に書く今回のシリーズ。
ついに我々の間にはブームが沸き起こったあの城に行く事に・・・。

●小中城
小中城遠望写真
佐野市小中町字堀の内にある館跡で、北と西側の一部に堀を残しているだけであるとの事。
少々狭いがちょっと路上駐車をし、W氏と城館跡のある場所に向かうと・・・

生きのいい堀
ドーン!!!
今まででも最も保存状態の良い堀が現れビックリ。
しかし、驚いた事はそれだけではない、隣にいたW氏の目がこの遺構を見てランランと輝いている!!

そして・・・躊躇う事なく堀底に駆け下りるW氏。
どうやら遺構はW氏の熱い魂に火を付けた模様。

堀底から見た景色
堀底に一緒に降りた・・・。
埋もれてこの深さだから・・・現役時代はどんな深さなのかと気になる。

遺構の内部より土塁を見る
土塁は多少低くなっているが一応健在。
中世遺構がこの様に綺麗な状態になっているのは一見嬉しいが・・・不吉な予感が頭をよぎる。
そう、遺構の消滅時に見られる伐採である。

西側もしっかり顕在していた。
もう先ほどから生き生きしているのがW氏。
こちらも写真を撮っているが、それ以上に愛用の一眼レフをしっかり構え、写真を撮りまくる。
そして西側の遺構の保存状態を拝見すべく竹林へ。

竹林の土塁
遺構は竹林の中もしっかり残っていて、我々は喜んでしまった。

南より見る堀
うーん、こうして南からみる堀もなかなか良い味わいが・・・

田中正造生家
なお、南側には足尾鉱山の鉱毒事件で問題解決に生涯をかけた田中正造氏の生家が保存されている。
・・・って事は江戸期の小中城の城主は田中氏?


この遺構の保存状態を見て、私とW氏のテンションは非常に高まった!
そんなことで再び車に乗り、次なる城館跡をめざすのであった。

<<  続く  >>
コメント

そのW氏で

今晩は。
俯瞰図の試作にかまけてコメントが遅れました(汗)

無名に近い平地の城館。
そうした状況下での小中城の遺構は、足の具合を忘れるほど心底感動的でありました。

かの田中正造翁所縁の屋敷と接していることから、こちらの方ももっと注目されても良さそうなものですね。

毎度コメントありがとうございます

ようやく和平様の更新している場所に追いつきまして(笑

あの時堀底へ駆け下りる姿はまさに「武蔵直登」の隊長殿に相応しき勇姿でございました。
これだけの遺構ですから、佐野氏方の防衛拠点の一つだったのかと思えたりします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ