fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
先ほどの正光寺城がかなりよかったので、いきなり山城に挑戦してみたくなってしまった。
我が事ながら自分の選択がよく分からないところがあるが、自由に行きたい城に行くのがよいとおもえる。

そんなことでチョイスしたのが、正光寺城の北の山にあるという浅利城である。

●浅利城 (旧田沼町)
浅利城 遠景
浅利城は宝徳三年(1451)佐野氏の支族である神馬七郎忠光が築いたものと伝わる。
後に天文十五年(1546)の武州河越の戦にて神馬遠江守忠春が討死し、城も廃されたというから、実質百年程使われたという事であろうか。

その時所持していた資料では二つ並んでいる山のどちらか分からなかったので、どちらも登ることにした。
(城郭大系には「浅利山と尾根伝いの西隣の山」と記載されているのでおのずと東側の山であると分かったはずなのだが・・・)

北側から登り始めた場所
はて?北側から来たのはいいが、途中で道がなくなる。
こうなったら直登して城へ向かうしかあるまい。

崖
よじ登ると岩肌が出て更に倒木もありとバラエティが豊かになってきた。
さすがにこちらから鎧兜を装着して攻め込むのは無理があるなっと思いつつ、さらに登っていった。

堀切
おお、遺構らしい遺構がでてきた。
人によりけりかも知れないが、個人的に堀切と思える地形なり。

浅利城 本曲輪
本曲輪についた。
山頂は綺麗に削平されており、ちょっとした広さがあった。
実は一段西側に下ると山の鞍部を利用して平場が設けられており、矢倉台とも思える部分もある。

浅利城東側の腰曲輪
この城は個人的に特徴的な作りをしていると思っている。
というのも東側はいくつも腰曲輪を設けている割には堀切が見当たらず、西側は堀切が離れて二条あるだけ。
もっとも古い作りの山城であるといえる。

浅利城より無名山を望む
ちょっと北側の山を見る。
山城はこういう風景も見れるからいいものだ。

西隣の山との境界をなすようにある堀
ここは城の最西端部にあたり、ここから隣の山へ登るものの、遺構はないようだ。

ちょっとずれてるが浅利城から見た風景に近い風景
浅利城の西隣の山に登り始めた所で木が伐採されており、景色が開けた。
おお?これってもっている日本城郭大系の写真の方角か?
これを見ても、ここがいかに眺望に優れているかを示しているように思えたり。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ