fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
<あらすじ>
これは去る11月8日に訪問した城館跡を「1日1城」を目指しドキュメンタリーに書こうとした新たなる試みである。

●北大島城
下大島城 遠景
戦国期に片見師方が在城していたという以外有力資料を今回持ち合わせておらず。
いい加減に館林市史あたりを調べに行かないとのう。
ここより北600mには渡良瀬川が流れており、川を越えると栃木県佐野市になる。
写真は城を北西から撮影したもので、手前側の水田もかっては渡良瀬川が織り成す低地帯だったと想像できる。

比高差をみる
こうして近づくとそれなりに高い地形であるのが分かる。
なお、城の全域は今は集落になっている。

本曲輪と思われる地域
思わず水田脇の道路に車を停めてきたが、ここに停めさせていただけたそうだった。
あくまで予想だが、ここが本曲輪なのではと思ったり。
奥の社の先は最初に出た低地帯である。

最初読めなかった
上記の本曲輪にある神社の名前である。
これを最初読めず「なんて神社だろう?」と思っていたが、地図を見ると「十二社権現神社」であるのが分かった。
なかなか良いデザインである。

寄居
この城には寄居があり、現在は写真のように民家と農地が共存している。
後ろの竹やぶが城の方向になる。

堀
実は神社周辺にこの北大島城の遺構と呼べるところが集中しているようにも。
写真は神社西側の民家との間にあったと思われる堀。
分かりづらい上に地形がなだらかになっているのだが、堀であるのが伝わってくる。


再び車に戻る頃には、更に夕闇に包まれてきていた。
あと1箇所が限度か・・・
愛用の地図で所在地を確かめ、次なる城館へ赴くのであった。



(明日のブログに続く)
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ