fc2ブログ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
<あらすじ>
これは去る11月8日に訪問した城館跡を「1日1城」を目指しドキュメンタリーに書こうとした新たなる試みである。

●稲荷山屋敷(明和町)
稲荷山屋敷 遠景
今回最初に訪れた河俣氏の砦以外、明和町には明瞭な遺構が残っておらず、少々士気が下がり始めた。
なれど群馬県の城館跡は奥が深い。これで終わらないだろうと期待し、同町稲荷山屋敷を訪れる。

東武鉄道 200系りょうもう
そばを東武伊勢崎線が走っており、たまたま200系「りょうもう」が通ったので記念撮影。

遺構は多少高い
話を戻し稲荷山屋敷を見よう。
土塁などの遺構が見当たらなかったが、北側を谷田川が流れていて、その向かいは館林市である。
おお?この風景をみると・・・かなり遺構推定地が高くなっている。
その高さは軽トラックをみればおおよその見当がつくだろうか。

稲荷山屋敷とカントリーエレベータ
土塁や堀はないが、この地形の高さだけを見ればこのあたりではかなりの要害であったと思われる。
まして写真の水田が湿地なら尚更である。
場所は比較的分かり易く、明和町北部の東武鉄道・谷田川が交差する地点で、カントリーエレベータのある辺りを探せばこの遺構(と呼べるのか謎)にめぐり合う事ができる。

・・・そんな訳で明和町編が終わり。
さて、時間もあるのでもう少し城館探訪をしようか。

<追記>
明和町には他にも梅原屋敷や江口屋敷があったようですが、探訪当時は知らずそのままスルーしてしまいました。
遺構は消滅との事ですが・・・どう消滅してしまったのか見てみたいものです。


(明日の日記に続く)
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ