fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
「埼玉の古城址」の黄地八幡さんのサイトにて戸塚城の発掘調査が行われている事を先日知った。
4~5年前に見た遺構の迫力をいまだ忘れられなかったので、急遽深夜3時に飛び起き川口へと車を走らせるのであった。


●戸塚城
実に数年ぶりに訪れた戸塚城跡。想像していたより破壊はされていなかったものの、以前発掘調査をしているところは農地+宅地に変貌していた。
今回調査をしていたのは北側の道路を挟んで反対側である。周辺には主要道になるべく拡張工事をした道が、今だけ地元の駐車場として利用されていた。
遺構をじっくり見てみる・・・。うーん、いいお堀だ。この周辺の眺望を考えるとここの立地条件は極めて優れているのがよく分かる。
だが、範囲が狭いので30分以内に撤収。舌状台地は残されるので、せめて解説板ぐらいは設置して欲しいもの。

●藤波陣屋
戸塚城と向かい合うようにあった陣屋跡。かなり近距離なので徒歩でも軽々行ける距離である。
こちらは発掘調査すらも行われずに、次々と建築物が建ち始めている。
遺構はほぼ無いものの、北側(戸塚城側)は急激に落ち込んでいるので、戸塚城の対の城とみるのが普通か?


●赤山陣屋
なんと何気に今まで訪問した事がなかった赤山陣屋を訪ねる。こちらは関東郡代伊奈氏が居た陣屋だけに保存活動は非常に活発で、地元の理解もあり公園化していた。
解説板に書いてあった二の丸は、有事の時の詰の城になるのではって思えた。理由として本曲輪とされる場所に比べ若干高い地形である事、櫓台(天守?)らしき土盛が一部に残されている事、西隣は湖沼となっていて、地形的にもっとも堅牢に見える事などである。
グルグル周囲を周ってみたが、いたる所に解説板が設置されており、ある程度わかり易く書かれていた。

●殿山城
東に伸びる舌状台地先端部にあったとされる館跡。
実はここを訪れた時間には通勤通学ラッシュアワーが始まっており、駐車場所が見当たらないので金剛寺の入り口を撮影しただけで撤収。

●密蔵院
1~2年前の埼玉新聞(だったような)に密蔵院が中世期の館跡であるという記事があった。その真相を探るべく、密蔵院に足を運ぶ。
実はここは地元では知らない人が居ないほど有名な名刹であったようで、歴史も古いので歴史研究者が何人か足を運ぶ場所であったという事であった。その事もあってか事務の方に大変親切にしていただけたのが嬉しかった。
それで肝心の遺構は東にある舌状台地だと思うのだが、所狭しと並ぶ墓地に埋もれて遺構らしきものは発見できなかった。ただし、東部は開けており眺望は大変良い。

●本郷城
殿山城同様駐車スペースが殆ど無いので入り口だけ撮影し撤収。南側が急激に落ちているので、この地形を利用した遺構であると納得。

●石御堂遺跡
ここはほぼ遺構が壊滅しており、言われない限りはわからないほどである。
ので周辺の写真を数点撮影し、こちらも撤収。


さてさて、これで第1部は完了。
続いて西に少し移動して鳩ヶ谷市に向う。実はここの中世期の情報が殆どないので歴史資料館に足を運ぶ事に。どんなに周辺を回っても専用駐車場なんてないので、コインパーキングに駐車し、情報をお教えいただいた。
突然訪れたにも関わらず我が愛用の地図に書き込みまでしてくれるほど丁寧に教えてもらえた。どうもありがとうございます。
そんな訳で第2部のスタート

●三ツ和遺跡
鳩ヶ谷市における中世期最大の遺構だという。発掘現場は源永寺付近と八幡木中学校付近の2箇所で、それぞれ中世期ごろの堀跡が発掘されたという。
また国道122号線沿線も幅2mもの堀跡が発見されたらしいが、これを鳩ヶ谷の開発領主である鳩井氏か鳩谷氏に結びつける文献は発見されていないという。

●里字屋敷添遺跡
県道58号線のバイバス線建設によって発掘された遺構。こちらは戦国期ごろの遺構とされているが、近くの集落にそれらしき趣きを感じる場所がある。館跡というよりは集落と見るべきであろうか?

●法性寺
ここは舌状台地先端部に境内があり、その周辺からは戦国期頃の物と思える堀が発見されたという。
しかし、狭い道をグルグル2周回っても入り口が見つからない。地元の方に聞けば台地からは行けず、下から入るのだという。流石にこれは気付かなかった。
境内はほんの僅かに周ったが、遺構らしき物は無いが、南方の視界は大変優れている。


さて、第三部は・・・東の草加市に。
先ほどと同じく草加市も資料が不足しているのでこちらも資料館へ足を運ぶ。
・・・かなり狭い道を行く上に一方通行、尚且つ工事につき通行止めもありで辿りつくまでに20分ほど細い路地を迷走す。
なんとか資料館に辿りつき、2台ほどしか停まらない駐車場に停めさせてもらい見学。
何気に綾瀬川の川底より発見されたという5300年前の丸木舟は良かった。
肝心の中世城館は、残念ながら草加市の南部と北東部を除き殆どが湖沼であったようで、遺構はまず無かったという事であった。シルバー人材派遣で資料館の留守を預かるその方は、何気に中世城館の事を熱心に耳を傾けてくださったので、何気に1時間半も城館についてこちらが語ってしまったのであった。ついでに近日消滅する戸塚城も堀を見て下さいねと念押しして資料館を後にした。


・・・城館を見ようかと思ったが、折角こちらに訪れているので、越谷市の図書館に入って資料を集める事に。
なんだか今頃になって空腹時の効果音が静かな図書館内に響き、かなり恥ずかしい思いをする。
それにしても夕方の5時になるまで空腹を忘れるほど城館を見ていたというのは、我ながらあきれ返ってしまうのであった。

城館探訪もでき、資料を集める事もでき、最後に渋滞に巻き込まれた以外は全て良かった今日。
曇りで日差しがなかったのもベストコンディションだったというのは言うまでもない。
今日は大変楽しませてもらいました。ごちそうさま。
コメント

充実の日々かと存じまする

お元気なご様子にて何よりにございまする。

そういえば寿能城以来、県東部はしばらくご無沙汰しておりまする。
最近は地元を離れ群馬、福島方面に傾倒。
梅雨明け後の真夏には何処に向かおうか悩んでおりまする。
その前に暑さ対策を考案せねば(苦笑)

そろそろ盛夏の時期を迎えますので、くれぐれもお身体を大切にしてください。

コメントありがとうございます。

県東部は比較的城館跡が少ないので、なにかあるかと情報を収集してはおりましたが、低地部は殆ど奥東京湾の遠浅になっていて、とても中世期に館を構えるには至らなかったのではというのがお答えでした。たしかに江戸に幕府が開かれて以降、急激に開発が進んだ事がそれを物語っておりますね。

真夏の城館探訪は昨年懲りたので、早朝より城館探訪をし、日中は現地の図書館で資料集めをしようかと密かに計画中。さすれば城館探訪と資料集め双方を一日で済ませられるのではないかと考案いたしております。

お気遣いのお言葉、大変ありがとうございます。
お互いにこの夏場は気をつけて参りましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ