fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
日差しの強い中、再び児玉郡の中世城館を訪れる事に。

●秋山新蔵人館
南北朝期に活躍した甲斐源氏出身の秋山新蔵人光政の館跡を訪ねる。
秋山地区中通り集落を流れる秋山川が集落の一部を囲むかの様に流れている。集落を歩いていると御嶽神社があり、案内板にはここが館跡の北西部に位置する旨が書かれていた。
更に南に向うと秋山新蔵人神社があり、思うところ北は秋山川から南は秋山新蔵人神社までが館跡範囲と思われる。集落の中央には南北に古い街道が通っており、館跡はその道より西が若干高まりを見せるので、これより西が館跡の可能性もあり、地図で表すと南北に伸びた形になる。

●中沢氏館
秋山地区には中沢氏という武士がいたという事が最近になって分かったという。その館跡が「秋山堀の内」という地名にあるという事が書かれるが、地元の方々は聞いた方全て「知らない」との事。代わりに中沢氏について尋ねると地名に中沢という場所があるという話で現地に向う。
中沢地区は秋山新蔵人館より北に伸びる舌状台地の先端部下にあり、その場所は若干の微高地になっていたが、土塁などは確認できなかった。竹薮が茂っていた場所があったので、ここに土塁があるのかも知れない。

●桜沢氏館
美里町に向かい桜沢氏館へ向う。
この桜沢氏はどんな武士なのかも把握せずにやってきたが、本庄市内に向う街道筋にあり、小山川(身馴川)が西を守る形で流れる場所がある。集落内は字南曲輪と城館跡を思わせる。こちらを南曲輪とするならば、水路を挟んで北に慶昌寺があり、水路の南側は南北幅50m程周辺より微高地である。本曲輪を探すとなるとこの微高地をさすのであろうか?

●新倉館
桜沢氏館のすぐ南に位置するがこちらは田園風景が広がっている。
後になるが小字を調べたところ「石川曲輪」の地名があり、小字の東側には旧家がある。桜沢氏館同様小字名に「曲輪」が付く事と近距離である事を踏まえると、この両方は何か関連があったのかも知れない。
また「石川曲輪」の石川とは人物名なのかこちらも後日調査する必要があるかも知れない。

●河勾氏館
美里町関の県道沿いに「川輪」という小字あり。周辺が田園風景なのだが、川輪集落のみ民家が密集し、周辺に比べて地形が高い。遺構は無いがこの集落一帯が河勾氏の館跡であった可能性はある。

●湯本氏館
白石に湯本氏という武士があり。
白石地区は小字名が多いので大きく三つに分類し、その中の一つに「湯本」地区がある。大字白石湯元地区に「中内手」の地名を見て早速現地に訪問。大沢小学校西に尾根筋があり、その南側に旧家が幾つか並ぶ。明確な遺構はまた発見できないが、南向きで目の前を小川が流れる事を考えると武士の館跡に相応しい風景を備えている。

●円良田中内手
あえて仮称をつけるなら「円良田館」とでもなるのであろうか?円良田特産品センター近くに「中内手」の地名がある。ここは猪俣城と円良田城(虎ヶ岡城)の両山城に挟まれた地区であるが、峠は登りも比較的楽な為に街道筋であった事は容易に考えられる。
ここを中世の館跡と仮定するなら根小屋であるか?あるいは街道を押さえる関所の役割を果たしていたかのどちらかである。根小屋であれば両山城は既に根小屋を持っているので後者である可能性は高いのではないかと思う。

●猪俣小平六館
大字猪俣字庫屋敷にあるという猪俣氏館を訪ねる。
猪俣川と正円寺川が合流する地点に館跡を作り、その谷は今も深く要害としての要素は充分備わっていた。酒造跡地という所より北に向うと「猪俣小平六範綱舘跡」と書かれた割と古い石碑がある。それ以外は館跡を示す案内や遺構は見られなかった。

●小栗氏館
美里町猪俣には小栗地区があり、小栗川沿いにその館跡を求める事ができそうである。
中央を鎌倉街道が走っており、小字名が道を挟んで「海道下」と「海道上」に分かれる。
最初海道上の館跡推定地へ訪れた。鎌倉方面がよく見渡せる場所ではあったが、こちらは丘陵が非常になだらかであり、堀などがさして見られないことから館跡の可能性が低く思えた。
むしろ東向かいにある「海道下」の推定地は南に向ってなだらかに落ちており、上記の推定地に比べて標高が高い。鎌倉海道が目の前を横切る形になっており、丘陵を登りきれば東側に視界が開ける。こちらも明確な遺構は見られないが、旧家が多いためこちらに転用されている可能性がある。




本当はもう少し回る予定であったが、残念ながら日没となった。
今回はいつも以上に聞き込みに力を入れてみたが、人々とのふれあいもまた良いものだと感じる儀一であった。
コメント

いつも
すごく内容の濃いブログですね、
とても勉強になります。

ヨカッタラ、こちらの方にも遊びに来てくださいね。

コメントありがとうございます

初めまして、このブログを書いている者です。

私は中世城館好きでも「誰も知らない」館跡の方に趣味が転向してしまいまして、地名など他の中世城館遺構に見られた事例などを当てはめ、探しては喜んでおります。
これは人から見たら、「え?本当に?」って思われる内容が多くあります。でも、自分達の身近なところにこういう史跡があるという事を、なるべく多くの人に知ってもらえたらと思い書いている所もあります。
(また日記を兼ねた備忘録でもあったり・・・)

中世城館探訪は宝探しに通じるところがあるかも知れません。
歴史に興味があり冒険精神旺盛なら、中世城館跡に関わらず色々と歴史的史跡などを探してみてはいかがでしょう?普段は気付かない新たなる発見があると思いますよ。

後ほどそちらのブログにお邪魔させていただきます。
いつもご覧いただきありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ