fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
今日は「城逢人」の史進様夫婦と「城跡ほっつき歩き」の和平様という豪華メンバーで滑川・嵐山の城館探訪をする機会を得た。
合計4名だが、この人数で城館探訪をするのは実は初めてだったするのだが・・・なんとかなるでしょう。

●羽尾堀の内
丁度一週間前に訪れたばかりの場所であるが、「溝かな?」程度で通り過ぎた場所が堀跡だった模様。うーん、暫く城館探訪していなかったら見る目も鈍るものなのだろうか?
でも堀跡が確認できて良かった。

●五輪沼
遺構紛いのある場所で、五輪沼が周囲の紅葉を受けてなんともキレイであった。近くの丘陵を登る途中で切り倒した木が積んである場所があり、そこで和平様が左足を半分以上はまられるアクシデントが発生。怪我が無かった様子でよかった。廃寺(福厳寺)の近くには土塁と思われる高まりがあった事を教えていただいた。

●愛宕山
現在では愛宕神社のある独立丘先端部を観察。舌状地を断つように堀が見受けられたが、遺構か道か?謎が深まる。

●水房館
和平様のお陰で初めて訪問する事ができた。周囲に住宅があるので訪問が難しいかと思っていたが、市道(私道?)が通っていたお陰であっさり訪問できた。途中地元の方々と挨拶を交わしながら一行は遺構のある丘陵地へ。目を引く遺構はほぼ無かったものの平場が見られ、それなりの高さがある為に眺望は大変良かった。

●岡部氏陣屋
今まで思い切り知らないでスルーしていた場所。慶徳寺境内の裏山には畑があり、それを仕切る道が非常に不自然な程深く掘り下げられていた。ただ、畑自体は傾斜がついており、曲輪と呼ぶには謎が深まる遺構であった。

●神戸沼
一度コンビニに立ち寄り、岡部氏陣屋の北にある神戸沼へ。丘陵地帯にも関わらず空が広く感じられ、なかなかいい雰囲気である。
神戸沼南岸に件の紛い遺構があった。地形として東の街道から避けるように隠れて平場があり、下の方には崩落を防ぐ補修跡の石積みもある。方角を考えてみると隠れる為の屋敷と見るべきであろうか?
帰り道に危うく犬のフンを踏みそうになる。

●陣場沼
三門館の南にある沼で、その作りを見るとかなり年季の入った灌漑用貯水池であるのがわかる。その南岸には竪堀があり、それを登ったところにはかなりの広さの平場があった。思う所に中世期に豪農あたりが住んでいて、登ってきた道が小口となっていたのではと推定す。
三門館周辺には似たように尾根筋を断つように切り通しが見られ、大変好奇心をくすぐられる。

●二ノ宮山
城館遺構ではないが、滑川町最高所という事でお立寄りする。山頂には6~7階ぐらいありそうな高層展望台が備え付けてあり、登ると地球が丸く見える。
ここらでお昼になり、展望台で景色を見ながら昼食となった。風が無く穏やかな陽気であったが、風が無い為にガスも多く、さして遠くまで見る事ができなかった。
また、かなり高性能な望遠鏡が備え付けてあり、あまりにも遠くがはっきりと見えるので何処を見て居るのか判らなくなってしまった。

●酒井氏陣屋
森林公園の西、成安寺周辺にあったという近世の陣屋跡。
境内には平場が幾つもあり、本堂あたりが屋敷があったような雰囲気である。隣接して馬頭観音堂もあり、なかなか趣きがあった。

●泉福寺館
谷ツ城へ向おうと思ったら、忘れてしまっていたので急遽訪問。手前としては今回初めてであったが、竹林内にあった堀や曲輪を見て思わずハッスルす。
笹薮は極悪なれどここの竹林はとても視界が良く、伝承の伝わらない無名の遺構に惚れ惚れする有様。

●谷ツ城
嵐山町にある遺構。
関越自動車道嵐山インター建設により堀切が破壊されたが、幸いに曲輪本体は残された。と言うより本体より周囲の防衛施設が非常に価値があるだけに、数年遅れて見る事になった事を悔やむばかり。
位置を考えれば杉山城の北の出城にも捉えられる。滑川町の谷城と最初間違えたある意味思い出がある場所である。

●高谷砦
今まで手前が上り口がわからずに遠慮していた城の一つ。この度は和平様のご案内により、ようやく訪問が叶い嬉しき限り。街道筋を抑えた要害は現在でも難攻不落を誇り、現在でも城兵として入り口付近に番犬が声を枯らしながら守っていた。
その遺構は・・・すばらしい!!今までこんなステキな遺構を見ていなかったなんて・・・今まで損していた気分になる。
ただ、その堀の作りが非常に謎めいており、作りかけて必要性がなくなり放置されたのではないかと思われる。ここで皆様とステキな城館遺構の撮影を試したりと楽しい時間を過ごさせてもらった。



っとここまでほぼ和平様の予定していた通りにスケジュールが進み、日没となった。
それにしても他の方々と城館探訪をすると、皆様の見識の深さにかなり学ぶ所が多い。また今後もこうした機会を増やして、皆様と共に城館探訪をし、語り合いたいものだ。

最後に本日ご案内くださった和平様、史進様夫妻には感謝。




<追伸>
今回ご一緒された方々のブログも平行にご覧になられると面白いかも知れませぬ。宜しかったらどうぞ。

史進様→ 「本日はオフ会でした」

和平様→「滑川町南部悉皆踏破」
コメント

おつかれっすっす

今日はお疲れ様ですた
妻はすでに疲れ果てて就寝です。
今日は儀一殿にとっても素晴らしい城館探訪になったようでよかったです。
これで完全復活ですかね。
まだ明日もありますので完全復活ですね。
しかし、無理せずいきましょうね。
健康第一ですよ。
シーズンはこれからですから。
ではまた明日。

このたびはお世話になりました。

本日は..もとい、よく考えれば「昨日」はお疲れ様でした。
漸く暫定分のブログを更新いたしました。
最近暫定がやたらに多く..(汗)

本日のご健闘をお祈り申し上げます。
では。

史進様へ

この度はご夫婦での参加お疲れ様でございました。

史進様の写真を撮るあの姿には、城館に対する愛情が感じられました。私もあのくらいステキな情熱で城館を見ていきたいものです。

今日も宜しくお願い致します。

和平様へ

資料調達からご案内まで、大変お疲れ様でございました。

滑川町にあれだけの可能性が見られたのがとっても驚いてはおります。これをきっかけに私も「沼」に目覚めたら・・・なんて思ったりしますね。

今回は飛び入りながら色々とお付き合い下さり、ありがとうございました。
またの機会もどうぞ宜しくお願い致します。

遅くなりましたが…

ご挨拶が遅れて申し訳ありませんm(_ _)m

先日は大変お世話になり、ありがとうございました。
また途中で体調不良によりリタイアという某のヘタレ振りにも優しくお声をかけていただき、ありがとうございました(^-^)嬉しかったです。

しかし…通常の夫婦なら、ああした場合、夫は妻を案じて一緒に残るものではなかろうか?妻より城ということですかな?( -_-)

未だ密かに根に持っている某でありました(笑)いつもは海外のハズバンドよろしく「テンダネス史進」なんですけどね…城を前にするとまるで別人28号と化すのです(笑)おそるべし城魔術!

未だバテバテでして情けのうございまする。やはり健康第一ですね。とほほ…

更に返事が送れて申し訳ないです。

日記も最近放置する事が多くなりまして(汗

その節はお世話になりました。
普段無謀な城館探訪ばかりしている手前ならともかく、百葉箱さんにとっては大変な一日であったと思います。

そろそろ秩父市方面の城館探訪を始めたいなっと思っておりまして、ただ今資料を漁っていたりします。山が多くて大変ではありますが、非常にムラムラ来そうな遺構がありワクワクしてしまいます。
藪対策アイテムも購入しましたし、後は天候と時間を見計らっての探訪になります。

城館跡とは多くが人が踏み入れなくなった場所ですので、自然に帰っております。そんな人外になりつつある地でも懲りずに史進様と一緒に見て下さい。きっと当時の人々の生活や知恵がそこに息づいている事でしょうから。
(結構当時の人々の工夫を遺構から見るのも楽しいです)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ