fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
ので今日の城館探訪の成果をここに書き残す事に

●泉井館(鳩山町)
前々から再調査をしたいと願ってやっと今日再調査できた。
「鳩山の地名」には鎌倉時代に泉井(いずい)領主であった井上判官行重の居館があったとする「八幡谷(はちまんやつ)」について書かれていた(これも「泉井村誌」より出自)
まずは泉井神社へ、ここは「馬場山」と称される丘になっていて、上が方が若干傾斜があるものの、ほぼ平坦地になっている。さて八幡谷はどこかと地元の方に訪ねた所、この泉井神社より東に数百m程行った所に「八幡谷の沼」と地元で呼ばれる灌漑用貯水池があるという。行ってみると・・・確かに沼があった。周辺は集落になっており、それらしい場所は見つけられた。ただ・・・アレが堀と断定していいのか悩む。丘陵の比高差はおおよそ15mぐらいはあろうか?

●大堀館(滑川町)
ここはまったく訪れた事がなかった館跡。新都市計画で破壊されたかと思いつつ訪問したが、運良く旧家の敷地だったようでそれらしい場所は残されていた。今ひとつ遺構の規模がはっきりせず。

●水房館(滑川町)
この小高い丘陵を登ろうかとしたが、なんとなく乗り気がしなかったので止めてしまう。その代わり沼のほとりで日向ぼっこしていた黒ネコ様と戯れる。恐らく高速道路の近くの沼から遺構へ登れそうな予感。

●羽尾堀の内(滑川町)
羽尾城は訪問したものの、ここも訪れた事がなかったので訪問。日差しが暖かいのでここで昼食を取り昼寝す。
羽尾神社周辺に遺構があろうかと探すが見つからず。神社後ろの丘陵地にも回って見たが廃屋があるぐらいで目ぼしい遺構が見つからなかった。
すると人懐こいネコ様が近寄ってきてお腹を見せている。おお、ここぞとばかりにカメラに収める。でもカメラを構えるとビックリするのは何故に?きっと魂を吸われると勘違いしたのであろう。
そんな訳でここも遺構がはっきりせずに退散。


途中で近くの町立図書館へ。資料漁りをしてみるとなかなか魅力的な資料が揃っている。むむ、このまま居ては夜になってしまう。軽く資料をコピーさせてもらい、次なる館跡へ。

●城原城(滑川町)
図書館から300m程の近距離にある館跡で、谷を挟んで向いに山田城がある。とりあえず直登してみると・・・あれ?なんか見た事がある。初めてだと思い込んでいたが、どうやら数年前にここを訪れたようだ。丘陵部は一部墓所になっており、南直下の民家と道が繋がっている。とりあえず藪のところを訪れてみると、堀にしては不自然な溝があった。これは新たなる発見だ。
だが、「侵入したら即通報」という威嚇する看板も目に入った。うーん、以前はこの看板なかったような・・・どうやらタケノコ泥棒がここでタケノコを取っていくようだ。通報されないように注意せねばのう。


そんな事で今日はここまでにして、明日も城館探訪できるので資料集めをする為に東松山市の図書館へ。ここは城館資料が豊富な上、夜7時まで開いているので結構助かる。ひとまず城館資料を集めて本日は終了なり。

明日は久しぶりにあの城へ行ってみる事に。
コメント

鳩山以外は

こんばんは。
こちらへのコメントは久しぶりにございます。

訪城の再開も順調に進んでいるご様子、以誠祝着に存じまする。

滑川方面は、昨年から今年の初めにかけて概ねくまなく訪れました。
沼地が多く、この時期は隠れた紅葉スポットなどもございます。

凡そのところは拙HPにて掲載しておりますので、再訪の折には所在地と登り口などのご参考にしてくだされば幸いです。

では、また。

懐かしく感じますよ

こんばんは、儀一殿
戦友の復帰は私にとって嬉しいことです。
本日はご一緒できずに申し訳ないです。
それがしは妻と大築城に行ってまいりました。
2回目なのですがやっぱりあの3段堀切りには感動しました。
といっても本日はこの城のみで昼食を食べるために
登りました。

今後も健康には気をつけて城館探訪をお楽しみくだされ。

こちらに書き込むのはとても懐かしい感じです(笑)

和平様へ

いつもながらコメント下さりありがとうございます。

和平様の滑川町内の城館コンテンツを拝見致しました。私もまだまだ勉強不足であると読みながら思いました。
まだ森林公園内の城館は未訪問なので、いつか入園料を支払って行きたいものですね。

本当に寒くなってきました。体調にお気をつけ下さいませ。

史進様へ

そちらのブログも拝見致しました。

夫婦そろって城館デートできるって素晴らしいですね。大築城の本体に比べ、モロドノクルワは形も位置も微妙に違和感があるので、これが噂の吾那蜆城では?と想像していたのが懐かしいです。まだ山沿いに行った所にある馬場には訪れた事がないので、いつしか行って見たいものだと思います。

いつもコメントいただき、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ