fc2ブログ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
新聞読んでいたらテレビの放送欄に「この漢字読めますか?」ってな番組があった。確かに漢字の訓読みに関しては付いている送り仮名によって読み方が大きく変わったりする。
例えば肉。これを音読みと訓読みしなさい。・・・と問われたとき、答えられる人も少ないのではないだろうかと思う。実は「肉」の音読みが「ニク」で、訓読みは「シシ」と読むらしい。ニクって読み方なら想像付くが、シシで使う機会は・・・ヘタすれば一生ないかもしれぬのう。
元々発音だけで文字が無かったとされる日本語。訓読みはまさに中国から伝来した「漢字」に当てはめたもので、中国の文字に対するイメージをそのまま日本語に当てはめたら、当然被る漢字も出てくるという事なのであろうのう。それゆえ「省く(はぶく)」と「省みる(かえりみる)」では漢字が同じでも意味が大きく違うのがこのギャップを生み出し、さらに日本語の難しさを生み出しているのだろう。

流行語とかに関してもよく、「最近の若者の言葉は分からない」とか「言葉の使い方を知らない」という意見もあったりするが、それは手前はいいと思う。言葉とは伝達手段なのだから伝えるべく相手に正確に伝わるのであれば問題ないと思う。もし問題があるとすれば、その伝えるべき相手に応じて伝える言葉を使い分けられなかった伝達者の方になると思う。昔から伝わる正しい日本語の使い方ですら、昔の人が使いやすいから伝達した事でもあるのだし、時代に応じて色んな使い方も当然出てくるのであろう。

ああ、日記じゃないな、こりゃ・・・。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ