fc2ブログ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
今日はムラムラっと江南町に行って見たくなったので行ってみた。それと同時に寄り道してかっての玉川村に立ち寄り館跡を見ていく事に。

●玉川陣屋
ここは石碑を見て居なかったので訪問。県道と集落に挟まれた空間に浮かぶ空堀(半水堀の所も・・・)がなんとも見事。

●玉川砦
既に破壊されているのだが・・・気になって行ってみた。雀川の作り出した崖上にあり、やや高まりを見せた所にある。なんとなくではあるが土塁っぽい部分もありそうだ。

●杉山城
埼玉県内では超が付くほどメジャーな城。地元の中学生たちが地域で協力してより鑑賞しやすい城郭に整備してあった。また2年ぶりだったのでリアルな絵画付き解説板が要所に置かれているので驚いた。
今回は目の保養のため立ち寄る。

●塩館
ここからが江南の城館。以前も調査に来たがまったく分からず終わっていたので気になっていた。地形の高さを見てみると県道沿いの八幡神社が一番高く、居館として利用するには良いと思われるが、遺構は皆無。

●常安寺館
常安寺周辺に怪しき場所があるが、それ以上に東50m程の民家の北側に僅かながらの堀と土塁を見つけるが、これを中世以前の遺構と断定する要素に欠く。

●谷足館
ゴルフ場の南側で日曜日という事もあって近くの沼には大勢の人々がつりを楽しんでいたが、通過するのみで遺構は見ず。

●上杉館
初調査だったが、今回一番の収穫あり。
県道の千代(せんだい)交差点の北西に遺構があり、上杉氏が使用しただけあり遺構はかなり大きかった。しかし、明確なのは東側部分だけでそれ以外の部分は不明瞭であった。

●三本堀の内
三本(みつもと)の北部で現在の荒川の南岸に近い所にあったとされる館跡。現在農地の中央に古い巨木の切り株がある塚があるが、それより東が微高地になる。だが、明確に遺構の範囲とする決め手に欠く。

●成沢城
甲州への間道に作られた要害とするが、周囲に要害になりうる場所が多いだけにここに城を築いた理由に疑問が湧く。現在の県道11号を間道と仮定するなら対岸の河段丘を利用する事ができそうだ。また北側も荒川によって比高差5mもの高低差があるのでこちらにも要害を築く事が可能なだけに疑問である。


・・・今回は写真の加工がしてないので文面での紹介に留まる。それにしても訪ねれば訪ねるほど味が出てくるのが中世城館の魅力なり。
(詳しい解説は後日する予定)
コメント

江南でしたか

こんばんは、お疲れ様です。
成沢城のあの説明はいまいちピンとこないですね。

塩館、常安寺館、谷足館はいつも素通りしております(笑)
上杉館はなかなかの遺構が楽しめたようですね。
私も今度訪れてみます。

玉川陣屋は石碑の30Mくらい東に小さい桜がありませんでしたか。
実はそれをとって我サイトのコーナーにUPしようと思いましたがかなり荒技かなと思い止めました(笑)

儀一様のおっしゃるとおりで行けば行くほど味が
でますな~中世城館は。

どこかで・・・

すれ違っていたかもしれませんね。
こちら、顔振峠、物見山を登って、その後日高のファミリー丸広というコースでした。

山城登山事前訓練ということで(苦笑)

今回の写真up、お待ちしておりますよ♪

史進様、いつもありがとうございます。

江南町(今では熊谷市の一部・・・)もなかなかそそる館跡が数多く残されているのが今回行きわかりました。

玉川陣屋の桜・・・見落としておりました(汗
それ以上に石碑を見逃したので探す事に専念してました。もう桜も散り始めているでしょうね。

史進様の城館サイトの写真はいつも楽しく拝見させていただいております。

左馬助様へ

私的には高指山周辺と日和田山山頂付近に怪しい部分があるように思われますが、確実な事は言えません。

日和田山に関しては山頂がやや削平されている事、腰曲輪のような平場が登山道沿いにあります。この規模から見て、麓の台城の詰めの城というより、繋ぎの砦として使われたのではないかという見方です。
この辺りはもう一度登ってみて改めて再調査してみたいと思っております。

高指山に関しては新造された遺構がありますね(笑
その隣になんとなく臭いを感じる場所があったりします。物見山とも適度な間隔がありますので、もしかすると関連の砦などがないかと思いますが・・・日和田山以上に厳しそうな予感がします。

また年末付近になったらあのあたりの山に登り、秩父からの繋ぎがどう伝達されたのか再調査してみたいと考えております。


・・・あと写真の方は今しばらくお待ちを(汗

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ