fc2ブログ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
今日は日中休みなのでちょっと走るが坂戸市の館跡を見てみる事にした。
と思ったが何気にプリンタが欲しかったので家電店にてその実地調査をしていたら思ったより時間がかかり、2箇所のみとなってしまった。
まあ、それでもじっくり地形を見れたので良しとし、今後の調査に回すとする。

では今回行ったという遺構は・・・


坂戸市に越辺川と高麗川が合流する付近に館跡があったなんて噂があったので、この度その合流地点へ足を運んでみた。地図を見るとその両川の間に葛川という川もあり、ある意味三川合流地点となっていたのであった。

越辺川と高麗川の合流地点

周辺は堤防があり、遺構が残るとすればこの辺りになってくると思われる。かくして最初に面積が広い越辺川と葛川の間を探索することにす。

推定地 その1は不法投棄の現場だった。

竹藪になったその場所は不法投棄の絶好の的となっていたのであろう。大量の廃棄物が竹薮に捨てられていた。

中身はご想像に任せます。

人気の無い場所によくあるコレも・・・。どこから持ってくるのやら?

微妙に土居らしき地形が残るが・・・

藪の中は視界が非常に悪い、恐らく夏場に至っては草木が生い茂り害虫も徘徊し人の入れる世界ではないであろう。
土盛が幾つかあるが、これも堤防の名残である可能性もあり、一概に遺構と判断はできない。

写真では分からないが微妙に高い地形

代わりに高麗川と葛川の合流地点付近を探索しようと来たが、凄い藪になっているので今回は見守るだけで終わる。
写真では分かりづらいのだが、手前側が河川によって自然の堀が作られており、藪の生えてる辺りは1~2m程の高さになっている。面積は先ほどの場所の半分もないが、自然が作った要害を利用するという点ではこちらの方が優れていると思う。

赤線のように昔は陸続きだったのでは?と妄想す。

今でこそ高麗川が流れているこの写真の場所も、河川改修などをされる前は陸続きだったのではないかと妄想したりする。根拠は特にないが両岸の地形が同じ高さになっており、この場所に限り周囲に比べて高い事がその由来であったりする。
仮にここを館跡とみなすのであれば、ここは河川改修によって失われた遺構があったという事にもなるが、それは昔の地図を引っ張り出して見ないことには分からない。


北浅羽館の推定地である万福寺

もう一箇所はこの北浅羽館。「埼玉の中世城館跡」ではここを推定地としているが、明確な遺構は喪失しているようだ。

ここから東の八幡神社にかけての約200mの地域は周囲(特に北側)より地形が高く、館跡があったような雰囲気を出している。
しかしながら館跡推定地である万福寺は周囲の民家に比べると若干ではあるが地形が低い。板碑があったにしてもここをそのまま館跡跡とするのも古代の水害などの観点からしても考えにくい。


北浅羽集落北側の垣根

ここが少しばかり土盛されていた感じが強いが確かな事はいえない。




川を挟んで北にある丘陵

改めて思ったが、越辺川を挟んで北にあるこの丘、もしかして北浅羽館の詰めの城だったのではないかと改めて妄想。川を挟んでいるので詰めの城として使われていたかについては疑問は残るが、この山頂も後世の造形かも知れないが平場があり、しかも眺望に優れている。
鎌倉期の浅羽氏がこの地一帯に根を下ろしていたとすれば、この丘は物見に優れているので活用しない手はない(しかも地形的に独立峰に近い)
そう考えてみると、改めてこの丘も再調査する必要がありそうだ。



さて夜間の仕事に行くか。
コメント

根古屋城から古御嶽城へ

塚越です。
本日当方は横瀬町の根古屋城から古御嶽城へ。

然しいきなり正丸トンネルの片側交通規制に(笑)
午前11時から午後2時半まで、根古屋城の山中をうろちょろしておりました。
杉の間伐や枝打ちのため何度か転びかけ、大分膝に負担がかかっていたので些か迷いましたがそのまま古御嶽城へ。

尾根筋をひたすら登り続けるのは心肺機能の低下が顕著な昨今ではまさしく死にそうになった次第にて(汗)
西の郭直下の岩盤はなかなか威圧感がありました。
岩の間のルートを少し間違えたため瞬間的に進退窮まることに(笑)
謎なのはあの西郭北西に所在する2ヶ所の腰郭。
元来が急傾斜の尾根筋なのでいかなる意図で普請したのか理解に苦しみました。

横瀬町の文化財担当者は体を張って頑張っているようです。
背中に文化財の標柱をくくりつけて、あの岩壁をよじ登ったのでありましょうか。

山城の探訪も今年は例年よりも芽吹きが早く埼玉県内ではあと10日間というところかもしれません。

古御嶽城訪問お疲れ様でした。

何気に古御嶽城って比丘尼城や室山城に比べてあまり印象がないのです。結構色んな方の書かれる縄張り図を見ると私好みのはずなのですが・・・これは年末にタップリと古御嶽城を堪能してこないといけませんね(笑

横瀬根小屋城は本曲輪が採石によって切り崩されているという悲劇の名城ですね。あの切り崩された部分の上に座り、調査した内容をメモしていたのを思い出します。
国道299号から見るといかにも「要害」であり、この辺りの支城を束ねていた貫禄みたいな物を感じますね。

またのお越しをお待ちしております。

興味ある噂

ですね~。
洪水、河川改修、いろいろ川の近所の遺構の判断は難しいものがありますね。
今度訪問してみます。というか、北浅羽あたり、新しい道が出来て毎回偶然到着している次第(汗

あくまで噂ですので・・・

合流地点にあったという話をチラッと仕入れた事はあったのですが、確固たる証拠はなくという感じです。

以前の河川は現在より北よりに流れていたという話ですので、もしかすると北側の丘陵上にあったのかも知れません。
秩父地方ではよく築城される河川合流地点の城ですが、ここまで地形的に緩やかになってくるとむしろ水害の影響の方が恐ろしくなってしまいそうですね。これがもう少し谷となっていれば堅牢な要塞化されていたと思われます。

本当は北浅羽館の後、三福寺と大河原氏館を見ようと思っていましたが残念ながら仕事の時間となり次回持ち越しになりました。
三福寺周辺に関しては2度目になりますので、今度はどんな新たな発見ができるのか?自分でもワクワクしています。

毎度書き込みして下さり、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ