fc2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
小用堀の内の遠望、民家の垣根にひっそりとたたずむ。

鳩山町小用地区にある館跡。
歴史的経緯や館主などについては調査不足により不明。南西に丘陵があり、北に向って傾斜が広がる中館跡は北に向って構えを取っている。


ここも何度か足を運んだ場所ではあるが、いつも写真撮影に失敗する場所でもある。もっとも一番映える撮影ポイントが日中だと逆光になってしまうからなのではあるが・・・

では、この遺構を周囲より見ていく事にする。


現館主様宅の立派な門構え。

現在の館跡に御住まいの方は不動産業を営まれているご様子で、南側にある門がとても立派に見える。
なお、こちら側は丘陵に向っているので遺構は特に見当たらなかった。手前の道路が元々堀だったのだろうか?


館跡の東側を南より撮影

正面の門では日常生活でやや不便なのか、現在ではこの東側が日常の門として利用されている様子である。
道路より北側は農道となっており、手前の道路より一段と低くなっている。


東側を北より見る。

今度は北よりみてみると、農道の傍らに排水溝の様な水路があった。となるとこれはかっての堀だった可能性が大きそうだ。



北東部分に存在する高台

この館跡で最も大きいのはこの土塁であろうか。ただの土塁にしては横幅が広く、上部は平面であることから北側を意識した櫓台の跡と思われる。


櫓台よりおしゃもじ山を望む。

この櫓台と思われる土塁の上に立ち、東のおしゃもじ山を見る。
こちらは北から東にかけて広がっているので、櫓を建てれば視界はかなり開けたと思われる。



館跡北側の現状

館跡の土塁は途中で民家の塀に飲み込まれるように消えていく。
だが、西の方に謎の土盛がある箇所があるので、赤線で示した様に土塁が続いていたのではないかと見ている。
なお、青丸で囲んだ辺りに小社が祭ってある。
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ