fc2ブログ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
西戸丸山砦遠望


入間郡誌川角村西戸(さいど)に記載されている城館跡。
それによれば「丘上土地少々平なり、あるいは曰く丸山は古城塞跡なりと。」とある。なおそれ以外の経歴は一切残されていない様子である。

当初「北方の丘陵」というのがおおまか三ヵ所ばかりあり、どれを指すのか迷った。北側は「めじろ団地」が新たに造形されたので遺構の破壊を案じていたが、幸いに丘は破壊される事なく残されていた。団地が新造されたのはいいが、地価の下落により空き地が目立つ。それからその空き地に不法投棄する犯罪者も居る様子である。

地形を考えた上で、鎌倉街道を東に望む事ができる一番東の丘から行ってみる事にした。


早速見つかった平場と思われる場所。

近くの路上に車を停め、ほんの10m程登ってみると・・・なんとなく平場になっている場所を発見。この丘は東西に縦長になっていて、丁度山頂の東端部分を少し削平して作られた簡素な物である。
なお、更に下ってみたものの、堀切らしきものは無かった。代わりとして堀底道らしき場所があり、これも遺構と見るのが良いのか迷う。


笹藪に阻まれる

そのまま西側も調べようと行って見たが、特に削平された様子もない。さらに西斜面になると笹藪に阻まれ進行不能に近い状態に陥る。


遠くには田波目城が見える。

南は越辺(おっぺ)川が流れており視界は良好である。





↓儀一の妄想はこちらより。↓
この丸山砦は実は田波目城との連絡用に使われていたのではないかと思う。距離にしておおよそ4kmと北条氏流の通信網の条件に合い、しかも鎌倉街道を監視できるので中継地点と監視場所の二つを兼ね備えた役割を持っていたのかも知れない。


めじろ団地より秩父山塊を望む

また秩父山塊も程よい距離で望める事から秩父方面の侵略を河越城などの主要城郭に伝達するときにも田波目城経由で用いられたのではないかと考えていたりする。
ただ、そこまで重要な役割をするには遺構が余りにも貧弱である。情報伝達は当時では非常に重要視されていたはずである。ゆえに一箇所が何らかの理由で伝達不能になっても伝わるように幾つかの伝達ルートがあるのではないかと見ている。この砦も秩父地方から河越城方面への伝達ルートの一つなのかも知れない。
そうなるとまたこの山塊から伝達できるようなルートが近くにあるのではないかというのが手前の仮定である。


コメント

怒涛のごとき更新速度に敬服

興味深い形の丘陵ですね。
比高差も30メートル弱くらいでしょうか。
比高差が100mを超えると簡単に登るわけにも行かず、最近はついつい二の足を踏んでしまいます(汗)

しかし篠竹の密生した藪は実に手強いですね。
ほぼ季節に関係なく、先も見えなければ足元さえも見えず侵入者を頑なに拒絶しております。

滑川町の市野川沿いは漸く概ね回り終えてきたので、今度は越辺川に鞍替えしたくなってまいりました。
参考までに国土地理院発行の2万5千分の1「越生」版を見ていたら、あれもこれもとキリがなくなりそうに。
越辺川とその支流沿いには着目したい地形がぞろぞろと...(笑)

それでは、また。

河段丘が絶妙です。

この越辺川の通る毛呂山~鳩山にかけての流域には謎の遺構らしき場所がよくあります。今回の西戸丸山砦もそうですが、鳩山の小用堀之内、赤山陣屋、天神台遺跡や夜一山と言った城館がずらりと並んで見ごたえあります。
更に天神台遺跡の近くの独立峰にも山頂に平場があるのを確認していたりと訪問先に困る事はありません。

また越生町堂山の慈光寺街道沿いにも城山があったり、大谷にある明神社付近には「元屋敷」と「堀之内」といった地名も残っていたりしますので、ここら辺りも次回に調査したい所ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ