fc2ブログ

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
破壊される前の広谷北城

この度の圏央道建設の為に一部破壊されることになった城館跡の一つ。

この周辺には謎の館跡が幾つか集まっていて、手前的に城館版さきたま古墳であると思い込んでいる。地形的に平坦で雑木林が豊富であるこの地は河越城と鉢形城や深谷城と言った北部の主要城郭との中継地点であるとされる。
手前が考えるに堅牢な城郭を築く事が難しいこの地において、数箇所の館跡を置くことにより、「別城一郭」の構えを取っていたのかも知れない。近距離とは言えお互いの城館同士は雑木林によって隠れているので、侵入者を脅かすゲリラ戦によって撃退をしようと考えていたのかも知れない。
とは言え築城者亡き今となってはあくまで推測でしか言えないのであるが・・・。

圏央道建築予定地に堀が走る

写真の通り圏央道で壊される部分はこの館跡のおおよそ半分ぐらいであろうか。南半分は永遠に失われるが、北半分は未だに雑木林として残されている。この雑木林、先の妄想では防衛のための施設に思えているのだが、今となっては不法投棄の現場になっているのが悲しき所。


遺構に残る沼?

残される雑木林の中にある沼。ここは水堀か生活用水を蓄えていた貯水地であったのかも知れない。


なお、ここまでの写真は2005年4月現在の写真である。
では今の遺構は・・・


破壊後の遺構

こうなっておりました。


破壊後の遺構2

うーん、見れば見るほど破壊されたなっと思える。



池は未だに健在なり。

池も未だに残っておりました。
それにしてもこの池・・・本当に堀だったのか疑問だ。


コメント

周辺の開発も時間の問題なのかも

今晩は、塚越です。

通常幹線道路が完成すると、側道などが整備され結果的に周辺の平地林は開発されていくという事例を仕事上の経験として数多く見てまいりました。

本来開発行為が制限されている市街化調整区域などであっても、物流倉庫などの建設などは認めるというような例外事項が一般化していますので、まさに時間の問題という状況なのかもしれません。

平地林の奥に向かってトボトボと進んでいくと、忽然として現れる「広谷北城」(戸宮前館)の幅の広い堀跡遺構は個人的にもとても気に入っておりました。

毎度コメントありがとうございます。

1月2日の初城館探訪したのがこちらでございました。1週間後になって更新する事になってしまおうとは、自分でも驚きでございます。

確かに既に完成している圏央道を見ているとその周辺が開発される可能性は・・・高まりますね(汗

確かにこの池は突然現れるので驚きますね。

儀一さんこんばんは。

広谷北城は私が去年末に行った時よりかなり破壊されてしまっていて残念です。あの池ぐらいは残ってほしいものです。
でも池の周りは地面が緩くて歩くたびにドキドキしました。枯葉に池が覆われていて間違えてドボンしないかと…。

sada様、コメントありがとうございます。

まだ大丈夫かなっと思って行ってみましたが、やはり破壊が進んでおったという感じでした。

圏央道が出来ると側道も敷設され、その周辺に色んな建物が建設される事が予想されたりします。加須市の花崎城の様な形ででも保存されればいいのですが・・・川越市の動きに期待したい所ですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ