fc2ブログ

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
今日は同好の史進様と共に神奈川県の城館跡を見に行ってきた。
実を言えば神奈川県の城館跡は今回が初めてだったので、どの様な遺構が見れるか楽しみにしていたりも・・・

●田名氏館(相模原市田名)
田名氏館付近

記念すべき神奈川県の初城館探訪地に武蔵七党横山党より出た田名氏の館に。
台地の端部、湧水のある地点を押さえたそこは、当時いかに水が大切なものであったのかを教えてくれていた。

●小沢城(愛甲郡愛川町角田)
小沢城の堀跡
田名氏の居館から相模川を渡り、舌状台地を利用した小沢城へ。
途中の道に車を置き相模川を見渡すと、広々とした相模川の流れが一望できる。
本曲輪は農地になっているが端部に土塁があり、堀跡も現在道路として活用されている。
小沢古城遠景
その後小沢古城の方も遠望写真のみを撮影、城郭大系の写真ような迫力ある撮影ができなかった。

●三増峠合戦場(愛甲郡愛川町三増)
三増峠合戦場付近の写真
城館探訪ではないが、古戦場跡も通りがかりに見学する事に。
甲斐武田軍の撤退に小田原北条氏が追撃する事で発生したこの合戦は、武田軍がいかに戦上手なのかを印象つけるものとなっている。
合戦場に設けられたゴルフ場に向かう車がしきりに出入りしていたが、それなりの趣があって良し。

●田代城(愛甲郡愛川町田代)
訪れようとしたものの学校がやっている様子なので周辺をぐるりと見て終わりとす。

●細野城(愛甲郡愛川町半原)
細野城の細い土塁
山間を流れる相模川支流の中津川沿いに築かれた城で、田代城と向かい合った位置にある。
この辺りは急崖が多く、要害ではあるが失われた遺構もあるのではと思う。

●七沢城(厚木市七沢)
七沢城の解説版
そのまま南下して厚木市の七沢城に向かう。
現在七沢城本城は病院となり、遺構は破壊されてしまっている。
しかし、その周辺の防衛施設はまだ残っているという情報があり旗山という山にある平場を見に行く事にした。
七沢城の物見への道
雨後の湿った空気の中、山中に車を止め、ハイキングコースより山頂目指して登ろうとしたその時!!

ヒルだ~!!

なんと靴に数匹のヒルが靴やズボンにへばりついていた!!しかもどんどん上に登ろうとウネウネ動いている!!
なんとか振り払い再び山頂を目指したが、数十メートル歩いたところで先ほどと同じ数のヒルがついてしまっていた!!
「山城より命が大切」と判断した我々二人は、ハイキングコースを駆け下りる。
蛭は握っても死なない(史進様提供写真)
車道に出てもまだ付いていたので振り払う・・・。握り潰しても死なないし・・・ヒル恐るべし・・・。
足を吸われた史進様は大事をとって地元の観光案内所にて応急処置を受ける。
貰ったパンフレットによればヒルはナメクジと同じで塩に弱いとの事。
今度夏山に登るときには食塩(20%以上)の塩水をスプレーに入れて持っていかねばならないのう。


ヒルヒルパニックによって撤退を余儀なくされた我々は、そのまま南下し伊勢原市の図書館に篭城する事になった。
神奈川県の城館跡も予備知識がないと少々分からない事が多いので、代わりに地名本を読んでいたら城館らしき地名がちらほら・・・それを地図に書き込んでいる内に軽く数時間経過・・・。


●太田道灌首塚(伊勢原市下糟屋)
太田道灌首塚
渋田川沿いにある太田道灌の首を弔った首塚に向かった。
道灌橋の傍らに専用駐車場が1台分あり、車を停めて川沿いに歩き首塚へ。
塚自体はなくなっているが、地元の方だろうか敷地は綺麗に清掃され花も手向けてあった。
墓標に手を合わせ、道灌の冥福を祈る。

●丸山城(伊勢原市下糟屋)
丸山城遠景
高部屋神社付近にあったとされる。
当地は北に歌川と南に渋田川が流れている丘陵地で、神社では地元の盆踊り(?)の準備が進められていた。
神社に居た方に車の駐車を断った後、遺構を見るために周辺を歩く。
発掘調査が行われていたが、現在の所調査を終え埋められている最中であった。
城の中央を貫通する国道246号線の拡張工事の為か、城はどんどん削られていく・・・。
神社をはさんだ向かい側は公園になってしまっており、南西側は墓地があるためか土塁が削られず残されていた。
国道沿いで東海大学病院近くという立地条件が、遺構の破壊に拍車をかけたケースとなった。

●毛利氏館(厚木市下古沢)
毛利氏発祥の地を示す石碑
今日の最後に西国の毛利氏発祥の地とされる場所に行く。
少々路線バスが通るには狭さを感じる坂道を下り、三島神社に向かった。
神社は舌状台地になっており、周囲を故意に落とし水路までめぐらせている。
南西側は隅のみ残し、他は堀であったかも知れない切通しの道になっている。
鎌倉期の館跡としてはまずまずの状態であった。


津久井城遠景
帰り道に津久井城の遠景を車中より撮影する。
未だ行っていない城なので、いつか訪れてみたいものなり。

以上訪問の後、史進様のご自宅に居られる噂の「しじみちゃん」にお目にかかる。
見慣れぬ者が居るので最初はおどおどされていたが、次第にリラックスされてきたご様子。


・・・という事で、久々の城館探訪にとても充実した1日を過ごす事ができた。
今回の探訪コースをご提案くださった史進様に篤くお礼申し上げます。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ