fc2ブログ

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
地元の青年会で福島県に旅行に行く事になった。ずっとバスに乗っての旅行だという。
という事は・・・

自分で車を運転しない→車窓を見る事を専念できる→中世城館の遠望写真を撮る事ができる

っという結論に導かれ、窓側に張り付いていざ福島県へ向う。
天候に恵まれたので、よき城館写真が撮れそうだ。


●小南城 (栃木県下都賀郡藤岡町)
小南城を東北自動車道から見る

ここの不明瞭な遺構を再び探訪してみたいと思っていた矢先に高速越しに遠望写真を撮れる事になった。
なお、皆様からみれば単なる人の墓地を撮影してるようにしか見えなかったという事実・・・。


●皆川城(栃木県栃木市)
東北自動車道から望む皆川城

唐沢山城を撮影し忘れたので、皆川城に目をつける。
山深くて分かりづらいかと思ったら、思い切り木が伐採されていて、なおかつ「城」の文字が。
未だに訪問してはいないが、整備されている場所なのだろう。


・・・まだ城の側を通過したと思われるが、資料不足のためそのまま通過してしまっている。
もっと資料を持ってくればよかった。

そんな事で旅行の第一目的地であるアサヒビール福島工場に来た。
アサヒビール福島工場外観

みちのく最大のビール工場というだけあって広い。その上置かれているタンクが、遠くから見るとまるで缶ビールを並べているようにも見えた。
内部は撮影禁止のため写真は無いが、かなり大きな設備が中に備わっていた。
しかし、それ以上にインパクトがあったのは、他の酔っ払い観光客であろうか。
時には40人ほどが全員酔っ払いで来るとの事で、その風景は最早我が頭では想像を絶している。


●大森城(福島県福島市)
実は大森城は右端にある山であった・・・。

伊達政宗の腹心である伊達成実の生まれたという説のある割と凄い城らしい。
何気に撮影してみたが、よく地図を見ると城は写真の山より東であり、思い切り誤爆をしてしまっている。
上の写真の右の盛り上がりが大森城の一部である。




アンナガーデンにある教会

そして一向は福島市にあるアンナガーデンという場所に着いた。
・・・ここはどう見てもこちらと比べて場違いな感じが拭えない・・・。
でも構内の雑貨屋さんは見てて楽しかった。


●大鳥城(福島県福島市)
大鳥城を北から望む

地図で見ると「館山」といういかにも城を彷彿させる名前を発見。
ここは帰った後に調べてみると大鳥城という城で、源義経の臣佐藤忠信の父が築いたという伝承がある城であるという。
ただ、この大鳥城の名が見られるのは室町期に入った頃までで、その後は大鳥城の名は文献などに見られないのだという。
飯坂温泉から近距離で、ちょっとしたハイキングコースでいけそうな感じである。


かくして一向は宿泊地である穴原温泉へ辿りついた。
今回は他にも館とか屋敷とかの名前がついた場所を通過したが、バスの中からの撮影は本当に困難を極めた。
また、二本松城を撮影し忘れて、(個人的に)減点が更に増えてしまった。
ちゃんと周辺の遠望の見えるのを確認しておけばよかったと改めて後悔するものなり。

宿に着き、温泉で一風呂浴びたら宴会と、普段じゃ味わえない付き合いをさせてもらったのであった。


(後編につづく)
スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ