fc2ブログ

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
午前中はゆっくりと家で休養を取り、午後から東松山市の気になる箇所を回ることにした。

●下唐子の古墳
前にも調査をしたのだが、また気になり足を運ぶ事にした。位置的に青鳥城より南西にあり、都幾川が側面を削って西側は絶壁、南側も河段丘により二階建て程の段差がある。川向には足利基氏陣地とされる岩殿城が一望できる。
立地条件はかなり良好なので北側と東側に堀や土塁がないかを今ひとつ確認する。明確な遺構は見られないが、生活道が台地を削って作られているあたり堀を生活道に応用したものと推測する。
古墳も物見台としては最適なものであり、木がなければ都幾川を一望できる位置にある。ただ、北東方面にある青鳥城との連絡は厳しかったので、遺構として利用されていれば南北朝期の足利勢に対峙した勢力の陣地であったのかも知れない。

●青鳥城
数年ぶりに訪問す。通年で数えると4回目の訪問になる。
以前までみた遺構を改めて見ると戦国期の要害であった遺構にただただ見とれるばかり。菅谷城と松山城の丁度中間地点にあり、いかにこの城のポジションが重要であった事を伺わせる。
今回は本曲輪周辺の土塁と堀、そして東と西にある小口を重点に置き観察。一部宅地や農地になりながらもここまで残っている事が実に素晴らしい。ついでに本曲輪にできたという新しい石碑も拝む。

●某陣屋
「埼玉県の中世城館」に某陣屋と紹介されている場所。
伝比企氏館の道路を挟んで向いにあり、宗悟寺にある色あせた案内板には、現地を「森川氏陣屋」と紹介されている。
陣屋と思われる場所は私有地らしく、入り口は開けられていたものの、進入はせず公道より周囲を観察する。かなり埋もれた堀があり、陣屋と呼ぶより屋敷と呼ぶ方が相応しい感じがした。
舌状地の先端部下の水田地にある事を踏まえると、近世期の陣屋を思わせる。

●伝比企氏館
今回初めて訪れる。
そのまま近くの宗悟寺に赴き、館跡でないか見てみる。寺の境内に番犬がしきりに吠えていた為、遠目で山門付近を観察した。
山門先にある解説板の完全に色あせた文字をなんとか読み解いていると、一人のご夫人がお声をかけてくださった。どうやら日本史を勉強されているようで、文字の解読をしているこちらの姿を見てお話くださった様子。通りすがりの方に色々とお教えいただき、お礼を述べて別れた。
その後東の「城ヶ谷」の地名のある所に行くが、猛烈な眠気に襲われ車内にて昼寝す。
1時間程寝たら日が暮れてきたので、今回はここまでとす。

とっても緩いペースで城館探訪をしたが、これはこれで実に楽しかった。特に伝比企氏館付近の田園風景は秋の空気によく似合い、とても楽しく散策をさせてもらえた。そういった意味を考えると、探訪数こそ少ないながらも充実した休日を送れたと思う。
次回は事前に地形調査をし、周辺の城館所在地や距離、立地条件や時代を通しての勢力配置図などを踏まえて再調査すると、より楽しい探訪が出来そうでワクワクしてくる。

◆Read More◆ »

スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ