fc2ブログ

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日記、その他
って言っても好みの事を申し上げてる訳ではございません。
タイピングの事でございます。

以前買って放置していた特打を久々やったら・・・面白ーい!
チャットと城館データ入力で鍛えた我がタイピングで「マシンガンタイプ」にチャレンジしてみた。すると・・・どうやら手前の腕前はワープロ検定2級らしい。
自己最高記録は10分間に554文字だそうだ。これで2級じゃ1級の人の入力速度なんてどんな速さじゃ??

腕がつりそうになるが、しばらくボウリングもほとぼりを冷ます事にしたので、しばし城館以外の楽しみの一つになりそうじゃのう。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:その他の事
今度妄想ってカテゴリーを付けようかと思うぐらい最近妄想が激しいのう(汗

先日探訪した行田市須賀城を軽くスケッチしてみた。すると・・・

何の根拠も無しにこんな絵を描くので、フィクションだと思ってくだされ(笑
こんな感じになりました(汗
この画像アップデート機能は縮小画像が劣化するので下手な絵を描いた時には非常に重宝するかも知れぬのう(笑
して妄想の解説を・・・

城館跡を南東方向上空より見下ろした絵で、全体的に高台になっているあたりが現在の須賀小学校。それでその脇を流れるのは当時の利根川(もっと流れが複雑だったと思うが、分からないので適当に書いた)
一番西側が若干高かったように思えたので、オマケに櫓台をつけてみた。
今の小学校全体が二の曲輪になっていて、絵の右下(東部)は利根川で警備に当たる舟及び物資の搬入をした舟などが出入していたのではないかと思い、津(港)を書いてみた。
二の曲輪南部は少し空き地になっていたので、元々は湿地で、外堀の役割を果たしていたのかもしれない。
更に南側には今も小河川が流れており、自然の堤防を成しているようにも思えた。

こう考えてしまうと須賀城って忍城の北方の守りの要になってしまうんでないかと思えるぐらい地の利に適っているように思えてしまう。
物資の運搬が主に舟に頼っていた時代なので、東側の窪地を利根川から引いた入り江に例えてみると、結構物流なども盛んであったのではと思えてくる。それに上州側からの有事には軍船を配備してそれに当たるなどもしていたかも知れない。須賀城の規模を考えても軍港だけに使っていたとは考えにくいので、普段はそんな使い方をしたのかなっとも。


・・・というのが現地を見てきた手前の妄想でありました。
これが真実か否か?今後その真実が解明していくとよいのう。

◆Read More◆ »

| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ