fc2ブログ

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
岡部町の城館を補完すべく、残りの遺構を訪ねる事に・・・

●桜沢氏館?
美里町との境界線付近にあり、すぐ西隣には大関氏館がある。その大関氏館は竹薮に土塁のような高まりを見る事ができたが、こちらの館跡の方は水路からしか堀跡を想像するしかなかった。
もしかして「榛沢氏館」というなのか?

●榛沢六郎成清館
畠山重忠も何度も通ったという乳母兄弟成清の館跡。成清も生涯をずっと重忠に従っていたという君臣の関係を超越した間柄の二人だったようだ。
現在住宅地が立ち並んでいるが、成清の供養塔付近はちょっとした神社になっていて、度々新幹線が轟音を立てて走ってはいるが静かなたたずまいを見せる。西側に水路を利用したと思われる堀跡が残る。

●安保氏館
「埼玉の中世城館跡」では岡部町の所在地がずれ込んでいる為、何処がどの遺構かしっかり見ないと名称を間違えそうなのだが、ここの安保氏陣屋は大丈夫か?
上記の榛沢六郎成清館の直ぐ南に位置するが、明確な遺構に欠く。町内の道路の形状よりそこがかっての中世頃の館跡だったような趣きは感じられる。

●六反田遺跡
「新岡部変電所」となっているため遠くからでも直ぐ分かるという中世の集落跡。地形的に志戸川と小山川に挟まれたその地形は要害を思わせる。志戸川の向かい東をかっての鎌倉街道が南北に縦走していたという。
正直変電所となり、遺構が無さそうな印象しか持てなかった。

●四十坂遺跡
この周辺はパチンコ店や競艇場などの駐車場になっており、丘上からは館跡を思わせる遺構が見つからなかった。しかし西にある五十子城と対をなすのに最適な地形なので、かっての「五十子合戦」において古河公方方が陣地として利用していたかもしれない。
古墳も幾つかあり、ここを物見として利用した可能性も高い。


後で気付いたが「川辺館」を見てくるのを忘れた・・・。また再調査に行かねばならぬのう(笑
そんな事でここから先は岡部町外の城館跡なり。


●滝瀬氏館
まんま「滝瀬神社」の境内付近が館跡という。神社の境内に土の高まりがあり、また近くの民家近くにも堀跡と思えるような窪地も存在しているが、明確な遺構は残されていないに等しい。

●滝瀬陣屋
上記の滝瀬氏館以上に壊滅的に破壊されているような印象を受けたが、滝瀬交差点南側付近に水田の水路があるのが陣屋跡を偲ばせるのみになっている。隣の館跡以上に遺構の範囲を推定するのに困難が伴う。

●横瀬氏館
深谷市の城館で忘れていた遺構の一つ。
横瀬区内において所在地を三ヵ所想定して行ってみた所、地元の方々より横瀬神社や華蔵(けぞう)寺付近の集落が一番古いとの情報を得た。ここの華蔵寺の開基は建久五年(1185)に新田氏初代、義重の三男義包だと現地解説板は記している。
更にその子孫は横瀬氏を名乗り戦国期に太田金山城を岩松氏に取って代わり支配するようになったという話を伺ったが、後に調べてみると岩松氏に取って代わった横瀬氏は猪俣党出身という話もあり、源氏と猪俣党両方の横瀬氏が居たのか?新田義包は横瀬姓を名乗らなかったのか?気になる所である。
遺構は華蔵寺の北側がやや高くなっており、東隣の酒造所北側がやや土の高まりを見せるぐらいである。

●牧西氏館
児玉党宗家庄権守弘高の四子で、牧西四郎弘季の館跡と伝わる。他にも牧西氏を庄次郎弘定の孫左近四郎経季も名乗っているらしいが、どちらの館跡であったのか「本庄市史通史編?」は特に書いていない。(あるいは両人が住んだ事があるという事か?)
館跡付近には農業用水路が流れており、これを館跡の水堀としていたようである。10年ほど前にその水路も暗渠化されて直に見る事は叶わないが、蓋はしてあるので大まかな経路は分かる。
それ以上に遺構の東側集落にある8m程の土の高まりが気になる所。

●小島(おじま)氏館
正直言ってあまり期待しないで行った館跡ではあったが、あれほど市街地に近くて遺構の保存状態が良いのはありがたい事である。長松寺の長年の保存活動には感謝をしたい所。
神流川によって形成された河段丘上に造られている館跡で、視界は良好。遺構の規模を見ても本庄城の西側の守りを担っていた可能性も考えられる。
個人的には大変気に入った遺構になった。

●富田氏館
女堀川を南に控えた地形で、今でこそ集落が密集しているが、その一角には遺構が残されていたという。明確な遺構は竹薮によって確認できなかったが、女堀川の川辺で初夏の風を浴びながら新幹線の行き来する様をしばし見とれる。

●今井氏館
北廓遺跡とも呼ばれていた場所で、この辺りに共通して「金鑽神社」が館跡の北西部に当たるという。
本庄市史に掲載されている写真と同じ場所を撮影する。当時は信号がなかったようである。
発掘により堀跡が出たようだが、明確な遺構はほぼ見られない。南には小さな板碑もある。

●久城田(ぐじょうた)
これほど見て萎えてきた城館跡も珍しい。余りにもテンションが下がりすぎたので昼寝をしてしまう。
1時間程寝てから改めて見たが、どれが堀に囲まれた水田なのか分からなかった。条里制水田の名残であるらしいので、まさか「九条田」が久城田になったのではと悪い事を考えてしまった。

●四方田氏館
地名では「しほうでん」と読むが、姓では「よもだ」と読む事もある。関越自動車道「本庄児玉インター」の料金所より直線で東に200m程の所に館跡の名残が集落に埋もれてある。
光明寺が館跡の西側になり、東の金佐奈神社(地元では産泰様というらしい)近くまで領域がある。

●有勝寺
新幹線が直ぐ側を通る場所にあり、庄小太郎頼家の墓がある。
来たはいいが中では忙しそうに皆様動いておいでなので、今回は話を聞かずに立ち去る事に。
新幹線の「本庄早稲田駅」が丘の向こうにできたので、かなり駅に近くなっている。

●栗崎館
庄氏の本拠地とされる。
栗崎集落の中に遺構があったとされるが、土塁などはほぼ無く、水路と高台がその名残を残すように流れる。それにしても集落より北側(男堀川)に抜ける道が無いところを見ると、かっては深田だったのだろうか?

●庄小太郎頼家館
真新しい東本庄稲荷神社境内付近がその館跡とされている。周辺は本庄総合公園体育館関連の建設により木が無く丈の低い草が生えているのみであった。現地はかなり削平されているような印象を受け、今の地形はかなり変わっている可能性が極めて高い。
周辺に何も無くなっている分、かっての館跡からの風景をなんとなく思い馳せる事ができる。

●北堀堀の内
北堀の東福寺北100m程にかなりの高さの土塁の一部が現存している。あとは宅地開発によって道路の形状からしかかっての館跡を思い知る事ができなくなっている。しかし、この道路沿いの土塁を見れただけでも幸せに感じなくてはならぬのう。


・・・そんな事で本庄市のマニアックな城館を中心に後半は探訪した。
岡部町の川辺館周辺を調査し忘れたのだけは気がかりでならない。

◆Read More◆ »

スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ