fc2ブログ

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
謎の丘陵を南側より望む。

鳩山町熊井城の南に対を成すように存在する謎の地。正確には館跡とは断言できないのでなんともいえないが、謎の溝や土塁が何点か存在する。

現地は地元の人々からも忘れ去られた場所である。東側の尾根先端部分には西福寺があり、その西には明治四十年頃まで日枝神社が祭られていた(現在は毛呂神社と合祀されており、石碑のみが残る)

ではその忘れ去れた地を再び訪ねる事とする。



◆Read More◆ »

スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館探訪
小用堀の内の遠望、民家の垣根にひっそりとたたずむ。

鳩山町小用地区にある館跡。
歴史的経緯や館主などについては調査不足により不明。南西に丘陵があり、北に向って傾斜が広がる中館跡は北に向って構えを取っている。


ここも何度か足を運んだ場所ではあるが、いつも写真撮影に失敗する場所でもある。もっとも一番映える撮影ポイントが日中だと逆光になってしまうからなのではあるが・・・

では、この遺構を周囲より見ていく事にする。


◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館探訪
大類館推定地を望む。

毛呂山町の東に位置する館跡。
毛呂山町史によれば秩父富田の児玉行綱の次子行義が大類の地にやって来て「大類行義」を名乗ったのが大類氏の始まりという。館跡は大部分が大薬寺境内とされており、「馬場」や「矢場」という地名も残されているという。

なお、毛呂山町歴史民俗資料館の北にも大類館という建物があるがまったくの別物である。



◆Read More◆ »

| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ