fc2ブログ

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日記、その他
さりげなく携帯でサイトをみていたら「ぬれ煎餅買って!」という見出しを見つけて見てみると、千葉の銚子電鉄が皆に呼びかけているようであった。気になったので更に銚子電鉄のサイトも見てみた。

銚子電鉄公式ホームページ

うお!なんだ!?この悲壮感にあふれてしまっているサイトは!?
大手でのさばっている私鉄各社のサイトに比べて、人間味にあふれて居る様に見える。滅多にそういう感じにはならないのだが、今回ばかりは銚子電鉄の涙の叫びが聞こえてきたように思える。
「お涙頂戴系」はまったく感じない手前が、何故か電車運行維持の為ぬれ煎餅買ってというフレーズに泣かされてしまったのであった。


銚子駅構内にある銚子電鉄乗り場

以前東京に住んでいた時に、仕事の休日を利用して銚子電鉄に乗りに行った事がある。今から2年3ヶ月前の夏の事であった。当時は飯沼城が近くにあるのを知らずに銚子電鉄で犬吠埼に行くことだけ専念して行ってしまったのを思い出す。

いつの間にか気持ちよく寝てしまい、犬吠駅を乗り過ごしてしまった!!と思い飛んで下車したのも良い思い出だ(実際には一つ手前の「君ヶ浜」という駅だった)


君ヶ浜より望んだ犬吠埼


9月上旬という時期もあって少し日差しが強かったにも関わらず海には人が居らず、この太平洋に面した砂浜を独り占めしていたのが懐かしい。波が幾度と寄せては返し、吹く風が日差しの暑さを和らげてくれていた。改めていい時期に来たものだと思う。

思わず砂浜に寝そべって3時間ほど熟睡、ちっとお肌が赤くなってしまったのも思い出す。そこから歩いて犬吠埼へ行き灯台を見てきた。

展望台を見ている内に天候が荒れてきて、あっという間に雨が降った。この時海の天気も山の天気同様に変わりやすいものなのだなっという感想だった。


何故か切符を撮影


その時はこれで終わりなのだが、今思うとすごいノンビリとできた。平日の昼間という条件も助けてくれていた。

そうか・・・この時の路線がそんな窮地に立たされているのか・・・


今でこそ遠くにある銚子電鉄であるが、生き残っているならその時はまたぬれ煎餅を買って乗らせてもらおう。

スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ