fc2ブログ

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日記、その他
今日は午前中これからの職場関係の打ち合わせをし、午後は家で色々と掃除やら整頓やらをしていた。

本日の関東地方はよく晴れていて、5月の最後でやっと「五月晴れ」と言われるような晴れ間が出てきた。午後は予定が無かったので城館めぐりをしたいなっとは思ったのだが、その前に身の回りの整頓をしないと明日からの挑戦に支障をきたすかと思って、あえて家中の掃除をする事で気分も整頓させた。
自分の部屋はよくやっているのだが、なかなか廊下やらトイレやらは自分は掃除をしないので、意外と埃が多かった。掃除は始めだすとなかなか止められず、2時間ばかり掃除していたら見違えるように綺麗になった。本当はこれが毎回続くといいのだが・・・三日坊主になりそうな予感がたっぷり。

掃除もひと段落したら、母より買い物に付き合えとのご要望。
また仕事に入るとなかなか一緒に買い物に行く機会もないだろうからと手前の運転で某スーパーへ。たかが買い物と思っているとなかなか大間違い、野菜を一つ買うのでも値段と質を見比べ、野菜の状態から美味しい物を見定める。これも買い物をやり慣れてないとなかなか出来ない事だ。
買い物一つでも全然違うものだと思えた。

その後車の中を掃除して、眠くなったので昼寝・・・気付いたら夜になっとった。日頃できない事をたくさんやったので、個人的には充実した一日になったと思う。
さて、明日は早いのでまた就寝し、長い挑戦に向けて身体を休める事に致そう。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お仕事
唐突ではあるが、本日をもってして仕事を辞める事になった。
ここで話すのは唐突ってだけで、実際には前々から次の計画の為に色々動いていたのも事実だったりする。

仕事を辞めると伝わった直後、職場の人の態度が変わったりした。こういう所でも人柄が出てくるものだなっとつくづく思った。まあ、ずっと居そうに思われていたから驚きってのもあったみたいだな。

短い時間ではあったが職場の皆様、色々とありがとう。
そして来月(明後日)から、手前の新たなる挑戦が始まる。手前も心してかからんとのう。
まさに遅いスタートラインである。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:お仕事
今日は人が全然居ないとの事なので、通常より1時間半も早出して会社に登場。ああ、いつも居ない時間だからやる事がちっとわからん。

それからいつのも時間になり、1時間半前からきてウォーミングアップ完了で、ガンガン仕事をこなして行った直後・・・珍事は起きた。

「ブチッ!!」

なんとベルトが壊れてズボンがちょっと下がってしまったのだ!!
下りたズボンが足にまとわりついて、仕事がやりづらい(当方立ち仕事)
接客業でないので人目はさほど気にしなくてもいいのだが、上げてはずり落ちるズボンで仕事をするのは大変難儀だった。

そんなこんなでベルトを修理した後も、仕事を続け人が居ない分遅れて残業してしまったという。ああ、いつも以上に働いたって充実感はあるのう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記、その他
ウチの近くの県道でタヌキが車に撥ねられて死んでいたらしい。
見つけたのは我が父で、森にエサが無くなって出てきた所を車に撥ねられ頭を打って死んでしまったのだろう。我が父がそのタヌキを埋葬してあげたそうだ。

山の麓に住んでいるからか、野生の生き物達に遭遇する機会が多い。流石にクマには遭遇していないが、イノシシぐらいは出てくるらしい。タヌキは手前もよく遭遇しており、雑木林からちょこっと顔を出していた。目が猫の様に光っていたのが印象的だった。そんなタヌキが亡くなったと考えたら悲しくなってきた。

手前も自動車を運転している身ゆえに、いつ野生動物の加害者になるか分からない。野生動物は人間の交通ルールなんて通用しないゆえに、乗り物を操作する人間の方が予測して回避をしてあげなくてはならないのだろう。

動物がエサを求めて街に出る・・・それはこのあたりの山も自然破壊されつつあるという暗示でもあるように思う。
ここに撥ねられたタヌキ君の冥福を祈る。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:図書館・資料館・博物館
今日は色々と用事があった関係から、自由になったのは午後4時。
うーん、これでは城館を見ている時間がない、おそんな事から急遽図書館めぐりに行く事にした。もちろん城館の資料を調べるためである。

ちっとばかり遠いが小川町の町立図書館にやってきた。ちょっと近くには中城(猿尾城)もある立地で、地下もあるなかなか立派な造りの図書館である。

何故ココに来たのかというと、実はここの図書館は他の図書館にはなかなか置かれていない貴重な城館書籍が閲覧できるからである。しかも一部を除いた埼玉県内の市町村の市史や町史も見れるので大変重宝している。
時間も午後5時に近い、が金曜日は開館時間が夜8時までになるので、城館を探訪し外が暗くなってからでも少々文献を読んだりする事ができる。うーん、すばらしい。

そんな事で閉館間際まで閲覧させていただきました。特に収穫だったのは「埼玉県の城館跡」と「埼玉の館城跡」は別の書籍であった事。
実は今までこの二つは混同していたのは事実で、今まで凄い勘違いをしていたのが露呈されてしまった。しかし、これはこれで収穫であった。いずれ資金が貯まった時には「埼玉県の城館跡」の写しである東洋書林の「関東地方の中世城館」を買いたいものだ。(しかし、3万円は高い・・・)
| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ