fc2ブログ

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
本日は大変お日柄が良かったので日高市内の城郭を巡ろうと計画。その一部に行く事になった。

神田氏館の遠景、周囲には住宅地があるが遺構の保存状態はやや良い。

神田氏館
日高市猿田(やえんだ)交差点から南に200m程のところにある遺構。手持ちの資料が無いので詳細は不明だが、遺構の保存状態はまだ良い。

市道から見た神田氏館の土塁、この土塁は民家の中まで続く。

じっくり歩いて遺構を見ていたかったが、近くには「普段見慣れない人が居たら警察に通報します」に近い旨の張り紙がしてあったので足早に退場する。あまり歩いて探訪されるのを現代の館主はお好みにないようだ。

田辺ヶ城跡と言われる宮沢湖霊園の遠景。

田辺ヶ城
「埼玉の中世城館跡」に記載されている謎の城跡。新編武蔵風土紀稿の宮沢村の項には記載されていない。
中世も戦国期になってくると鎌倉の存在意義が薄れ、鎌倉街道以外の街道がどんどん発展していった。その中でこのJR八高線を沿った道を慈光寺道という街道が走っていたという。ここに城を築くとすればまさに監視用の城としての役割を持っていたのだろう。
<追記>
「入間郡志」の精明村宮沢の項目に「田辺城」の記述があり、その部分を抜き出すと・・・
『田辺氏の祖先に縫殿助という者がおり北方の高臺(台)上に城砦を構えたりと称し、墓石系図等を蔵す。しかれども仔細に検するにその墓石なるものは板碑へ重刻したるものにして、その年代、到底採用すべき限りにあらず。また系図によれば田辺氏も丹党なれど、どの細条、未だ遂に完成に近しというべからず。』
とあった。さらにその後に開発の率先者となって居館を少々高台の上に選びとあるので、その伝承から来た城館なのであろう。


宮沢湖霊園から宮沢湖のダム?を望む。確かにここは視界が良好そうだ。

試しに推定跡地に近い高台に登り、宮沢湖方面を望む。確かにここは見通しが良いが、周囲の城郭からは見えない位置にある。そう考えると北条氏流の「繋ぎの城」としての役割はまずありえないだろう。
現在は「宮沢湖霊園」という墓地になっている。墓地になる前には茶畑だったとの事なので仮に遺構があったとしても茶畑造園の際に破壊された可能性も高い。

謎の土盛り、もしや遺構かと思ったが現地のこの状況をみると後世の造形であろう。

墓地の管理事務所の許可を得て墓地周辺を歩くが、遺構らしい遺構は見当たらない。裏山が怪しいので実際に踏査したかったが、直ぐ側が民家の敷地になっていて侵入する事ができなかった。
上の写真は墓地から見える範囲の怪しい土盛りを撮影したものであるが、実際にどんな形になっているか間近で見ないとなんとも言えない。
なお、この後数時間周囲の丘を踏査してみたが、堀や土塁といった地形が見当たらずゴルフ場に出てしまうだけだった。
風土紀稿にあった「寒(サムサ)の峠」の位置を把握するとより城館の位置などが判定できるのであろうが、現在の所それは適わなかった。

宮沢湖から流れ出たばかりの小畦川、遠くに見える雲がとっても綺麗だ。

城館は見つからなかったが、あまりにもいい天気なので小川を眺めながらノンビリとくつろいでいた。ああ、こんなのもいいものであるのう。

まだまだ某陣屋や中丸といった調べたい城館が近くにあるので、近いうちに探索をしないとならぬのう。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ