fc2ブログ

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
最近絵をまた描く様になった。もちろん季節柄のもので人の顔ぐらいしか描けない手前は懲りずに人の顔を描いておったりする。

しかしながらこの度手を描く事にした。だがいざ描いてみると思ったよりバランスが取れずなかなか歪な手の絵になってしまう。もうちっと練習してみないといかんのう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記、その他
東京都が花粉症対策として1500円で杉の伐採植え替えの募金をするらしい。

確かに杉花粉に悩まされてる人にとっては目の敵となる杉の木、しかし森林保護の為に杉を選び植えたのも人間。この考えってまるで小さい時は可愛かったペットが大きくなって邪魔になってきたから保健所で処分してもらうのに等しい行いに思えてならない。

こんな自分達の尻拭いで植物を伐採したりするであれば、今度違う植物を植えても「また花粉で困るから伐採」って事になるのであろうな。その伐採費用を花粉症の特効薬開発に回した方が良いと思えるがどうだろうのう?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記、その他
今日も仕事が休みだったので昨日の峠サイトの影響も受けて埼玉県の低山(1000m弱)に探訪すべく奥武蔵グリーンラインを訪れた。確かに高山の空気の薄さや景色の美しさは魅力的ではあるが、そんな高い山に行ってる時間も資金もないしのう。ゆえにこの線で落ち着く。

前にこの日記にて訪れた都幾川村(現ときがわ町)の橋倉城側を通って進入。こんなに標高が高いと生活するのも大変だろうとおもえるが、それでも今日も集落が残り生活を営んでいるのが非常に素晴らしく思えてくる。

それから大野峠に出て近くを散策する。何気にこういうところにも峠道を押さえとした城がある可能性があったりするからなのだが・・・削平された後も山林には見当たらず、自然地形であると分かる。でも山頂にしては結構平坦なので山で野宿するのには楽しそうな場所ではありそう。(ただ車道から近いので怖いお兄さん達の集団にからまれそうな場所ではある)

ちょっと日差しの当たる場所に移動して車の中で転寝。ちょっと景色は見れないが、風の来ない車内はいい温室で寝るには快適であったりする。

越生町の山の尾根に新たに作られた「野末張(のすばり)見晴台」、ネーミングが何気にアイヌチックだのう。


んな事で昼寝をしてしまい、大分日が傾いてしまったので山を降りる。何をしに来たのだろうと我を思うがこんなノンビリした山の探索もまた楽しいので良しとする。んで林道梅本線を下っていくと新たに見晴台が建設されていた。その名も「野末張(のすばり)見晴台」、うーん初めて聞く名前だがこの辺りに昔からあった名前なのかも知れぬのう。傍らに車を停止させて行ってみる。

見晴台のほぼ全景、尾根上を走る林道のS字カーブの内側を利用した場所で風通しが良く寒い。

つい数ヶ月前に訪れたときには無かったので結構新しい場所なのだろう。柵の警告板にも「あぶないよ(>_<)」っと顔文字が使われているのが真新しさを感じる。何気に柵のある方より無いところの方が高度が高く危険な気がするので近づかない方がよいのう。

大築城の全貌もここからならくっきりと見る事ができる。赤丸の中の山がその城。

しかも立地上越生が誇る名城「大築城」が目の前に広がっているではないか!?あの素晴らしい堀切は木が茂っていてハッキリと見えないが、南側に突飛してる「モロドノ曲輪」はよく分かる。
そういえば大築城に行ったのも今から3年近く前になるし、また尾根上にある「馬場」って地名も気になる・・・そろそろまた訪問してみたいものよのう。


ああ、遠くの山に行かないでも近場の山で結構楽しめるものであるのう。今度は国道299号線沿いにあるという平野砦にも行って見たいものだのう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
城館のことばかり考えている様に見える手前ではありますが、実は山道も好きだったりする。流石にヒマラヤやら剣岳などの山を登る根性はなく、近くにある自動車で通れる山が好きだったりする。

そんな山道を扱ったサイトもネットの世界には存在する。
手前が以前はよく拝見させていただいた「峠と旅」というサイトがある。このサイトは走り屋さんが通るほど整備された峠ではなく、車が通れるぐらいの道を扱ったサイト。当然手前の好きな車で通れる程度の道(林道も込み)も扱っていて楽しく拝見させていただいている。

そのサイトに新たなる峠が紹介されていた。その名も「天丸峠(仮称)」という。ふむ、聞き覚えのない道と思っていたらそこのトンネルが2001年に出来たばかりとかで山道が大好きな手前の心をくすぐる。
場所は群馬県の最南端、上野村から埼玉県の最西端である旧大滝村(現在は秩父市に取り込まれた)を結ぶという。廃墟マニアには有名な日窒工業の近くになるらしく、行って見たい気持ちに襲われる。詳しい内容は上記のサイトが克明に紹介している。

ああ、なんか山道もノンビリ走りたいものよのう。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:日記、その他
今日は夕方から雨との事なのでお昼頃お出かけ。目的は特になし。

んで着た場所が梅のキレイな場所。手前はやはり梅が好きで、顔を花に近づけてはその香りを堪能、ある意味メルヘンチックな手前。

2006年の梅。携帯のカメラで撮影したので何気にモザイクチック。

これが白梅、ああ、携帯のカメラで撮影したのでぼやけておる。結構近距離まで近づいたのにのう。

こちらは紅梅、やはり紅の方が色合い的に映えます。

代わってこちらは紅梅、白梅と同じ感じに撮影した割にはこちらの方が美しく出た。

何気に梅の花を観賞して城探訪に行くのを忘れてしまったり。ああ、我が城館に対する情熱はそんな物なのであろうか?悩むが行きたい時に行くパワーには勝てぬしのう。また近々城館探訪したい時も訪れよう。
| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ