fc2ブログ

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:日記、その他
ここ数日、妙に左胸が筋肉痛なので放置していたらちょっと腫れてきたので皮膚科に行って見た。そうしたら病気である事が判明、病名は「帯状疱疹」。

帯状疱疹とは、子供の頃になる水疱瘡のウイルスが体内に隠れていて、加齢や体の弱った時に出てくるものらしい。神経を脅かすので右か左半身にまるで帯のようになるらしく、手前の体も左胸下半周にできものが出来ていた。
医者に行ってみたら流行り物の病気らしく、有名どころでは皇太子妃の雅子さんがなったらしい。丁度その時に母の友達の方もその病気になって、高熱で苦しんだらしい・・・。ああ、これから高熱が出てくるのか?
命には別状はない病気ではあるが、症状が重いと後遺症として神経痛が残るらしい。確かにそんなものに残ってもらってもやっかいなので、治療してもらう。

手前の住む町内にある医者で、家族は何度か利用していたらしいが、手前が利用するのは今回が初めて。しばらく待つと呼ばれたので診療室へ、なかなか癖のありそうなドクターだ。初対面でもうばりばり「お兄ちゃん、~だよね」と独特の口調で帯状疱疹の説明をする。某サイトで見たような生々しい疱瘡が写真でみられて唖然、まだ虫に刺された程度の少量であったのは事実幸運といえるな。

それから別室に移動し、赤いランプを患部に当てられ裏表5分づつ焼かれる。どうやら体を温めないといけないらしい、ああ、手前も焼き魚みたいな気分になるな。じっと当てられている内に看護婦さん来て塗り薬をペタペタ。ポピュラーな病気だけあって、手つきも慣れたもので色々説明してくれた。

それだけで治療は終わり、5日分のクスリを出されたが、薬が異常に高い。保険で3割負担なのに診療代が6千円台ってな。という事は役2万円も事実かかってる事になるのか・・・病気をすると改めて金がかかるなっと実感。無理をしないで今日も早めに寝ないといかんな。

あとしばらく通院するように宣告も受けてしまった・・・。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ