fc2ブログ

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:お付き合い
今日は我が友人の試合という事で都内まで行く事になった。3ヶ月ぶりに行く都内はどうなっておるのか気になっておるようであんまり気になっていなかったりする。そんな事で電車にのって池袋駅に9時半に着く。

日曜日なのであるが時間が少し早いため、人並みがまばらな気がする。一応時間つぶしとしてサンシャイン60へ移動する。
中の案内をみるとトミカ展がやっているそうだ。そういえば今日試合する我が友人もこの展示会について話しておったのう。入場料800円は若干高いが入ってみるとしよう。

トミカ展1
トミカ展2
中は実に混みあっていた。トミカの歴史も35年って事で、手前より少し上の世代だったら子供の頃遊んでおってもおかしくない。って事でこのトミカも親子2代で楽しめるらしい。なんかステキじゃのう。


トミカ展3

広々とした会場内ではのびのびとプラレールが敷かれていて、見る人の目を楽しませていた。うーん、なんだか和む。なんとなくぐるっと回ってみると実際に遊べるコーナーもあって子供達で長い列ができておった。確かにここは子供達にとっては目の毒だのう。

トミカ展4
その傍らには未来の車をデザインしたものもあり、上の写真のようにまだ非現実な車がそのままトミカになって展示されておった。・・・にしてもこのパトカーはどう見ても非力に感じてならない。もうちょっと足回りを強くしませんかい?

車のイス、このイスで何故か長蛇の列が出来ていた・・・。
また別の展示場では遊園地のように券数枚で遊べるスペースもあったが、手前的に面白そうなのがないのでパス。だがトミカマニアには絶対喜べる内容なのであろうのう、これは・・・。

記念にいただいたトミカ、非売品らしい。
かくして会場を後にして入り口で貰った車を見てみる。おお、新品のピカピカな外車だと思ったら、箱に「スバル360」とかかれておった。ドアは開かないがその代わりボンネットが開きます。この手の金属でこういう細かい作りをしているのが、昔ながらのトミカじゃのう。まあ、折角いただけたので頂戴いたしました。

なんだかんだで結構見て、東急ハンズに立ち寄る。ここも結構マニアックな物が売っていて、見ているだけで楽しい(見るだけで買わない極悪人でございます)。目を引いたのは水を与えるだけで5日後に芽が出てメッセージが書いてあるというマメールって偽装植物。見た目が明らかに植物でないのだが、かなり楽しい。
ウチにある「ひだまりの民」って丸頭もしっかりおり、なんとも雰囲気満点。結構多いので箇条書きしていくと・・・
○水に浮かべると光るアヒル(電池交換不可)
○アクリル素材(透明な素材で遊び方色々)
○ティッシュ入れ(モアイの鼻とかパラシュート、ショウベン小僧とバラエティ豊か)
○信楽焼で作った明かり(筒の中から優しい光がこぼれておりました)
○人体模型(何故かマジマジと見ている女性もおった)
そして手前が最大に気に入ったのは立体地図日本版。普通の都道府県の地図が立体化。ちゃんと山の高低差もしっかり表しております。もちろん山梨県は富士山がピカイチに高く、思い切りコレクションしたくなる一品だった。うーん、今日も満足じゃ。

小泉総理が応援に駆けつける会場。
それから移動するべく池袋駅に向かうと、交差点という交差点に物々しい警官の数。おお?いきなりテロ対策かと思いきや、午後1時30分から小泉総理が応援演説するとかで警備が厳しくなっていた様子。確かに首相だからこんだけ多いのはわかるが、街頭演説でこんな物々しくなるってのもどうだろうかのう。

さて、舞台は変わって上野アメ横に参ります。なんか美味しいものがないかと来てみたが・・・味覚の乏しい手前が来てもわからんものばかり、途中でイチゴメロンパンなる物を見つけて食べてみた。うーん、イチゴポッキーのような味に思える。夏の暑さを想定して、八百屋さんがスイカ・メロン・パイナップルなど美味しい果実を一切100円で売っていたのが目を引いた。確かに炎天下ですぐに食べられるスイカは格別の味だろうのう。

そのまま御徒町まで歩いて電車にのって秋葉原へ。先月の24日だかにつくばエクスプレスが開業したので、地下に潜って見て来る。おお、開業してから2週間も経ってないのにすごい人だかりだのう。そんだけこの鉄道の開業を待ち望んでいた人がおるってことか。

土砂降りの秋葉原、かなりの人々が戸惑っておりました。
乗らないでそのまま地上にくると・・・土砂降り・・・。折角の歩行者天国も車は来ない、人が歩けずで実に広々としておった。ええい、こんな時のために折りたたみ傘を持ってきたのだ。傘を差して近くの家電店へお邪魔して時の過ぎるのを待つ。



さっきの土砂降りがウソのような晴れ間。
外で出てみると先ほどの土砂降りがウソのように晴れている。ふむう、天気というのは実に気まぐれよのう。

有明の逆三角形神殿遠望。
そしてついに時間が来たので有明に向かい、我が友人の戦いを見る事に。

会場はすでに始まっていて、友人に渡されたチケットの番号席に移動する。するとすでに熱烈な応援団の皆様が待機しておられてる。応援団長はなんと友人の奥さん。新婚さんだがバリバリやる気満々で、旦那の顔の入ったウチワまで作ってくる熱血ぶり。ああ、我が友人よ、いい嫁もらったな。だが、手前の名前を下の名前しか教えておらんのか、下の名前でしか呼ばれなかった。にしても何故自分の試合でないのに、こんなドキドキするのじゃろうな。正直緊張してくるぞ。

ついに我が友人がリングに上がる。いつも一緒にメシを食ってる時とは違う顔つきで、この応援団もこの顔に惚れて来たか?相手もなかなか強そうな相手だ。油断をするな。

全2ラウンドで最初のゴングが鳴った。おお、素晴らしく攻めておる。しかし相手も負けずとパンチとキックの応酬が行われる。手前も自前のでかい声で応援する。この声で勝利をつかめるといいが・・・

3分経過し、1ラウンド終了のゴングが鳴った。1分の休憩?でちょっと肩の力を抜く。で1分なんてあっという間で、すぐに最後のラウンドが始まった。最初のときより積極的に攻撃に出る。おお、いい感じに押してるぞ、とその時、相手もその合間を見て鋭いキックを放ってくる。攻防は激しく両者ともスリップしてしまう事もしばしば。そんな中試合終了。ジャッジの判定はドロー(引き分け)となった。その判定を聞いた友人はガクっと膝まづいてしまった。引き分けは残念だったが、よく頑張ったよ。後でメシをおごるからな。

あとの試合は知らない人ばかりなので会場を後にする。時間も午後6時、いい感じに日が暮れて高層ビルは明かりを放っている。街燈の明かりもいい感じに薄暗く、ああ、いかにもデートする場所なんだなっと実感した。そういえば今日全体を通してカップル多かったものな。みんな幸せにのう。

そんなこんなで午後9時に家に帰った。久々都内出たので日記が長くなった。こんな日記もたまにはいいだろう。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ