fc2ブログ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館マガイ地巡り
本日も大変お日柄が良かったので、また水田地帯の調査に。
今回の場所は基本的に城館跡まがい地になるので、微妙な按配に・・・。

●中手城
埼玉県南埼玉郡菖蒲町大字上大崎に「中手城」と呼ばれる小字があり、猛烈に気になり訪問。
ただ、どの辺りか分からないので、菖蒲町役場を訪れたが具体的な位置がわからなかった。
しかたなく途中の農業センターに足を運び聞き込みしてみた所、
事務所が所有する地図に具体的な場所が書かれており、車にて移動す。

菖蒲町上大崎の大崎神社
どうやらここ大崎神社付近が「中手城」と呼ばれる小字であるらしい。
早速周辺を歩いてみると・・・

大崎神社の土盛
こんな地形も気になる所、しかも隣りの水田辺りに水路が流れているのも好ポイント。

金剛院隣の社
大崎神社境内の池にはお社があり、何かを祭っているようだ。
ゼンリン社の地図を見ても特徴的な弁天池風で、なんとなく印象に残る。

・・・なお同地内に「手城橋」という橋を見つけたので行ってみたが。
圏央道建設により破壊された「手城橋」
どうやら圏央道の建設地だったらしく、旧橋は壊された様子。
今随分と幅の広い橋をかけるようだが、これが同じ名前になるのかは不明。


●大蔵氏館
同菖蒲町大字三箇には小字で「大蔵」があり、ここが野与党大蔵氏の居住した地ではないかという説がある。
同大蔵氏の居住地を比企郡大蔵村(現在の比企郡嵐山町大蔵)と書く資料が大半で、この三箇地区を指す資料は乏しい。
個人的にこの三箇に大蔵氏が居たと思える条件として、野与党がこの周辺に密集しており、当地に所領を得ていた方が自然に思えるからである。
そんな事で早速現地を訪れてみた。

大字三箇字大蔵の様子
流石に館跡を思わせるような地形が乏しい。
遺構の規模は当時の武士の勢いに比例すると思われるため、早くにこの地を去ったのか?
一通り回ってみたが、それなりの収穫は得られなかった。

三箇地区内の気になる地形
少し離れたところに明昌寺という寺が国道122号線沿い釜屋前バス停付近にあり、
この周辺を歩いてみたら道の形状がまた気にかかる・・・。
写真の場所は国道からおおよそ100~200m程入った所で、緩やかなクランク形状をなしている。
しかもそのクランクの内側には社が祭られており、昔からの屋敷がそこにあった雰囲気を出している。
(恐らく社は鬼門避けのものか?)
しかし、大蔵地区から離れた所にあるため、ここを大蔵氏ゆかりの場所とも言いがたく、再び資料を見直してみる必要性があるかも知れない。

●芋茎本村
芋茎本村バス停
国道122号線を北上し、騎西町の芋茎地区を訪ねる。
城館マガイの情報があるわけでもないが、ここに本村という小字があり気になっていた。
騎西町芋茎本村の様子
丁度時間帯が小学生の下校時間になり、子供たちの楽しそうな声が聞こえる。
そしてこの周辺を歩いている自分は、周囲の大人たちから不審な目で見られてしまっていたかも知れない。
この辺りは旧家がおおく、歴史を感じさせる場所である。

個人的に気になる地形
なんとなくこの辺りが周囲の家と違い、格式が高く感じられた。
いまもその中心地には茅葺の御宅が建っており、名主屋敷だったのではと想像をさせられる。

西外れにあった久伊豆神社跡
集落の西はずれには久伊豆神社跡を祭った庚申塔が建てられている。
なお久伊豆神社は騎西町中心の玉敷神社と明治四十年に合祀したと現地の碑には書かれている。


●笠原氏館
旧鴻巣市で元荒川より東にあった笠原地区は旧埼玉郡に属しており、ここには野与党笠原氏が住んでいたと推定されている。
早速その地を小字上手と想定して訪れてみた。
とある場所を歩いていると・・・
笠原地区内の溝
写真じゃ分からないが道の脇に溝がある。
もしかすると今回で一番の収穫か?
笠原地区の溝 その2
交差点を曲がっても西側に溝が続いて、この先の住宅前で途切れている。
ひとまず一週をしてみたが、犬に合唱されてにぎやかになってしまった。
江戸期の名主屋敷にも思えるが、かなりの広さがある事から笠原氏の館跡の一候補になりえる場所である。

おまけ
屋敷の周りにいるネコさん
犬の大合唱が鳴り響く中、目の色変えずに草むらにくつろいでいる猫氏を発見。
こちらが少し近づいても全然気にしておらず、肝の大きさを感じさせられる。


●主計屋敷
鴻巣市郷地の主計屋敷
小字に釣られて鴻巣市郷地字主計屋敷に来たが・・・見事なまでの田園風景が広がっていた。
あれ?屋敷って名前がこの辺りにあったのにとも思えるが、この風景をみると見事な空振り。

●舟塚
屈巣字舟塚地区遠望
旧川里町屈巣の最南端に舟塚と呼ばれる集落があり、ここには中世期の備蓄古銭が発掘されたという。
元荒川に面しており、館跡があっても不思議ではないので早速訪れてみた。

うーん、農家が数軒あるだけでそれなりの地形すら見つからなかった。

●屈巣久伊豆神社
屈巣地区にある久伊豆神社本殿
なんとなくたどり着いたので、ここで参拝をかねて一休み。
なかなか立派な本殿なのでびっくりした。
久伊豆神社境内にある江戸期の碑
境内にある「忍領境界石標」。
解説板によれば忍藩が他領分との境界争いが起こらないように安永九年(1780)に16本建てられた内の一つであるという。
細かい事は彫ってなく、シンプルに「従是北忍領(これよりきたおしりょう)」とデカく彫られている。
遠くを見ると新幹線が轟音を立てながら走り去って行き、時代の移り変わりを思わせる。
城館まがい地ではなかったが、こういうのもたまには良い。



●屈巣普済寺
この寺は永正年間(1504~1520)に朝見兵庫により開基されたというだけであるが、
時代が戦国期になるので何かしらの手掛かりを求めて訪問
屈巣地区の普済寺
南東側に入り道があったのを気づかず、周囲をグルグルと回ってしまった。
そして境内にお邪魔させていただき、縁起などを拝見。
中世期を思わせる地形は見られなかった。


●屈巣真福寺
こちらは天正年間(1573~1591)に島崎内膳によって創建されたとの事。
近いのでついでに訪問する。
屈巣地区真福寺

境内には特に何もみつからなかったが・・・
真福寺の裏側の地形
なんかとっても気になる地形があるが、天気が悪くなり始めたのでパスする。


●菖蒲沼
旧吹上町大字吹上にはかって「菖蒲沼」とよばれる地域があった。
元々は「勝負沼」と言われ、村岡良文と源宛が武技を競った場所であるという伝承が残る。
個人的にはとても好きな話なので、その場所に行こうとするが・・・吹上駅周辺で迷走してしまった。
そろそろ疲れてきたか。
勝負沼の現状
流石に市街地に程近いだけあり、宅地化されてしまっていた。
ただ、この遊水地がなんとなく「菖蒲沼」であった頃を思い起こさせてくれる。


●大芦中内手
旧吹上町大芦地区の様子
県道66号線(行田東松山線)の通過する旧吹上町大字大芦には「中内手」という地名があり。
どこかどこかと探していたら・・・
かっての堀跡を思わせる地形
県道沿いに不思議な地形を発見。
写真手前側が低地になっており、かっての堀を思わせるが・・・
似たような地形もあるので、これだけでは館跡を追い求める事はできない。
しかしながら低地帯である大芦地区において中内手は地形が比較的高く、昔からの村が存在していた可能性は高い。

日が暮れ始め、雲行きも不穏になってきたので、本日はここまでか。
帰りに床屋へ行き、髪をばっさりカット。
そんなことで今日は城館跡探訪という面では収穫が少なかったが、
それなりに楽しい探訪をさせていただけたので感謝。


== 番外編 ==

●魔王
今回の目玉の一つ、某地区小字魔王への訪問。
城館マガイではないのだが、ここの小字名があまりにもレアだったので訪れる。
現地には素晴らしい建造物が建っていて、いかにも魔王様の宮殿を思わせる。
今回は場所がバレるので写真なし。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館マガイ地巡り
「山頂に怪しげな削平地」ばかりを見つけているので、城館跡以外に山頂に削平地を作る理由は?
と色々と考えてしまう。もっと色んなケースなどを考慮して、削平地の真実に近づきたいものだと思うものなり。

さてさて、今日も天気が宜しいので、マガイ地候補である飯能市本陣山へ。
ここは山頂があくまで自然地形なのは確認済みなので、『本陣平』と呼ばれる候補地へ行く事にした。

続きは下をクリックです。

◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館マガイ地巡り
昨日に引き続き、今日もマガイ地巡りに行くとする。

今回も同じ横瀬町芦ヶ久保の「殿谷戸(とのがいと)」の謎に迫る。
続きはまた下をクリック。

◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館マガイ地巡り
最近はちゃんとした中世城館に訪れることがめっきり減った。
なぜならマガイ地巡りに没頭しているからである。
そんな訳でカテゴリーに新たに「マガイ地巡り」を追加。
さてさて、どうなる事やら。

今回は長いので、読みたい方は下をクリックしてくださいな。

◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館マガイ地巡り
夏だというのに突風のような南風が夏の暑さを和らげてくれていた日曜日。以前興味があって尽きない吾那蜆城の探索をする事にした。手前の持っている地図は埼玉県全域になっているため、大字までは記載されていても小字までは記載されていることは少ない。それゆえに市町村別に詳細な地図を見るべく越生町の図書館を訪れた。

 お目当ての地図は確かにあった。手持ちの地図には記載されていない「城山」なる小字を堂山地区にて発見するなどそれなりの収穫があった。だが、大築城の西側の馬場と呼ばれる地名までは確認できなかった。だが小字の確認ができただけでも収穫だったので、そのまま山の稜線へ移動する事にした。

 流石に日曜日の晴天だけに車が多い、だが主要道の混雑に比べれば全然空いていた。黒山三滝前の売店を越えて道がかなり狭くなってきた。午後なので山から下ってくる車が多い、慎重に運転して峠に向かう。曲がりくねった道を乗り越えた先に一本杉峠に出る、と言っても肝心の一本杉がどれだかわからんので、そのまま登山の縦走みたいに走ってる奥武蔵グリーンラインという山道を北へ向かっていく。

 しばらく走って居ると顔振峠(「かあぶりとうげ」と地元では読んでいたらしいが、かあぶりなんて読み方の方は初めて知った、絶対「こうぶり」とうげだと思うんだがな・・・)に着く。が、いつもここは見てるのでパス。駐車場がないからお店の駐車場借りないといけないのがあの場所のネックか。(すみません、いつも路駐で見晴台まで行っておりました(汗

 さらに車は北へ向かう。途中で10数台のジープがぞろぞろ走ってる集団に出くわしたりしたが、そのまま無事傘杉峠を通過する。そして傘杉峠の北側にある山の尾根のところで鋭くカーブする内円にちょっとした広い駐車場を見つける。関東平野に向かって伸びる尾根を利用して作られた見晴らし場で、名前が現地にはその名を示す看板もなかったが、個人的にかなり気に入った場所である。いつかイスを持ってきてじっくりあの風景を満喫したいものでありますな~

 途中で飯能市側の山腹にある「高山不動尊」へ向かうべくちょっと山を下る。急な斜面に高山の集落がある。坂の傾斜も30度ぐらいの急坂を下って「高山不動尊駐車場」を発見して車を停めて向かう。道なりに行くと前方に巨大なイチョウの木を発見する。てか看板を見るまでイチョウとはわからないほどでかくて異形な大木だ。鍾乳洞にある石筍のような形をしている部分もあり、かなり印象深い木だった。長い石階段を上りきると本堂があるが、「非常警報機作動中」とか書かれていたりしてなんともものものしい雰囲気に包まれていた。その向かって右後ろの斜面には中世館跡といわれる「高山氏館跡」があり、一部に建物が建ってはいるが、その郭と思わせる広場は今も残されていた。また戻って目的地に向かう。

 関八州見晴台という看板を見つけて登ってみた。が思い切り森の中で全然視界が悪い。後で調べてみたら関八州見晴台自体は高山不動尊奥の院すぐ側にあったらしい。って事は間違って登ってしまったのであった。

 そして目的地である謎の平場に到着する。それにしても不思議な平場だ、人力によって削平されたにしては妙に斜面になっているが、そうでもなく見える。ちょっと歩いてみたが、堀らしい遺構も無かった。今は杉の木が生えているだけの広まりだが、丁度山と山の尾根上にあり、古代の峠があれば関所としても使えそうだし、いろんな想像を掻き立てられる場所だったりする。小田原の後北条氏がもし正丸峠を通信網として秩父と川越間を利用したとしたら、ここになりそうな気がしなくもない。近くには太田道真(道灌のぱぱ)の隠居先である自得軒(三枝庵)にもかなり近く、自得軒の山頂が狼煙台だとすればすぐに狼煙を確認できる位置にこの平場はある。しかしこれも正丸側(飯能市)の狼煙台を見つけない限り北条流光通信の一点であるとは言えない。そうなると一昨日考えていた吾那蜆城の可能性はかなり高いのだが、問題は二つある。一つは水の手が周囲になさそうで、いくら短期間の在城だとしても生活するのに不便である事。もう一つは河越城に迅速な行動を起すにしても標高が高い事。現地は標高が770mもあり比高差もおまかに600mはありそうだ。いずれにしても道路の傍らに堀らしいものもあることだし、また現地調査をしてみる必要がありそうだ。

 かくしてまたも車を北に向けて今度は刈場坂峠に着く、峠なのに広々とした場所があり、駐車場がそのまま展望台になっているのが良好。視界をさえぎる木が無いので夜景スポットにもなってる様子。

 しばらく行くと大野の集落へ向かう道があるので、曲がって下っていく。その途中に舟の沢という集落があり、そこには中世城郭である「橋倉城」があったという。ここは「秩父誌」という書物に書かれていた城らしいが、後日その秩父誌を調べてみないとそれ以上のことはわからない。現地に着いてみたが、多少の民家と畑しかなかった。「埼玉県の中世城館跡」の記述を見ると跡地は民家や畑と書かれていた。その畑もかなり平場になっていたので、とても単に畑を作るだけだったらここまで平に削る必要もないので、まずここと見て間違いないだろう。

 色んな文献を見ても越生という町は丁度「河越~秩父」の最短コースとして多くの峠が作られた場所である。となると街道を押さえる城や砦も当然作られてよいはずで、まだまだ山中を歩くと大築城の様な遺構を保った城もでるかも知れない。いづれにしても平野部の城に比べたら未開のフロンティアとも言える。現地調査でわかる事も限られているだろうが、色々歩いてみるしかないと思う。

| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ