fc2ブログ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
我が部屋には机が二つある。
一つはPCが乗っかってるラック、もう一つは勉強机である。
最近、城館関連の資料を読むのに、どうしてもパソコンラックの照明が無いのが不便に思えていた。

そこでネット検索を利用して探してみると・・・結構出てくるものだ。
個人的にお気に入りは、ラックの裏側に貼り付くタイプの物。
最初は蛍光灯タイプでもあればと思ったが、LEDタイプの照明器具もあると知った。
あとはどこで購入し取り付けるかだが、こういう事を考えても楽しい。

これは吉報で、壊れていたと思っていた外付けHDDが、今日実験してみたら使えた。
どうやら電源部分が故障していたようで、インターフェースを取り付けたら、HDD自体は問題無しに動いた。
PCのバックアップも取り、パソコンラックの照明も取り付ければ、日々の更新作業が楽しくなりそうだ。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
最近は仕事・私用その他で城館関連の調査および更新ができず・・・
そろそろ現地調査と資料を入手してまったりとサイトの更新作業をしたい所。


さて、そんな中ではあるが、今自動車保険会社の保険内容を比較して調べている。
最初は「ネット上なら簡単に見積もりが出るだろう」と侮っていた所、
思ったより保険会社が多い事と、保険用語で保険内容分かりづらくなっているという。
(多分これは自分の調べ方が間違っているものと推定)
これはもう少し時間がかかりそうな予感。
しかし、自動車保険をもう少し安くできれば、城館関連の調査費用に充てる事ができるので、
もう少し調べてみるとしよう。

そういった意味もあって、いい勉強をしていると個人的には思っていたりする。



話が変わるが、戦国期の山城で馬が使われていたかという検証が、愛媛県河後森城で行われているらしい。
http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/091116/ehm0911160234000-n1.htm
そういえば埼玉県大築城奥の地名に、山上でありながら「馬場」と称する地名がある。
当時の馬術がどれほど発達していたものか分からないが、山城に荷を運ぶにも馬に運ばせた事も充分考えられるから、我々が思っている以上に山城に馬が上がって来ているのかも知れない。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
仕事と私用が続いているため、埼玉県内の城館跡探訪の続きが行けなくなっている。
そんな最中、ちょこっとラクガキを描いて遊んでいる。

数年前はモデルの顔を濃いめの鉛筆でまるでモノクロ写真の様に描く事を挑戦していたが、
それから間が空いてしまったために、絵の描き方に変化が出てしまった。
まるでデッサンのように簡易な絵を描き、その下書きを消さずに徐々に上から描きこんで行くという物。
もっとも人に見せられるような絵では無く、本当の意味でのラクガキに近くなっている。
でも不思議な事に描き込めば描き込むほど、なんとなく愛着が沸いてくるのである。


まあ、個人で楽しむ絵であれば、この程度で良いのかもと思うのであった。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
本日は学生時代からの我が友人N氏に誘われ、鴨の撮影に行く事になった。

その鴨とは・・・
鴨の一部
ずばりこれである。
昔はその辺りに結構走っていたはずなのだが、自動車の普及に追いやられ現在では一部幹線しか見られない。

今回のブログは城館関連から外れて、この鴨を追うのである。
なお、今回掲載する写真は恐ろしいほどに傾斜がかかってしまったが、お見苦しい点に関しては予めお詫び申し上げる所存。

では本編へ
   ↓

◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:勉強・挑戦
先に訪問した「霜田氏館」の解説板解読作業、写真映りが悪いために目が痛くなってきた・・・。
現地で紙に書き残す方が良いのだろうか・・・。

して埼玉県内に調査したいところが数点出て迷っていたりする。
菖蒲町、入間市、横瀬町、旧神泉村・・・みんな気になる所ばかり。
山間部はまた冬場にして、先に平野部の調査が優先されるだろうか。
これらの地区は未だに小字を調査していないので、その辺りも調査してみたい所。

個人的にはまだまだ埼玉県内でも充分楽しめる。
| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ