fc2ブログ

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:城館探訪
最近仕事がずっしりという感じの毎日であったので、久々に城館探訪へ赴いた。
場所は埼玉県東部を行こうかと考えていたが、気楽にいけるところという事でときがわ町へ。

●馬場(ときがわ町)
旧都幾川村には源義賢の家臣だった武士が多く住んでいたようである。
その義賢が甥の義平に討たれた後、家臣たちは都幾川地区に落ち延びたのだという。
馬場氏もその一人で、現在の大字馬場もそこから名が付いているのだという。
行ってみたがいいが、北面に緩やかな坂をなしているだけで、館跡らしきところを発見する事ができなかった。

●本郷殿ヶ谷戸(ときがわ町)
本郷字殿ヶ谷戸は坂本氏が居住していた地区で、坂本氏が殿と呼ばれていた事から名が付いているのだという。
坂本氏自体は詳しく調べていないが、恐らくは中世期より居住する在地土豪であろうか。
当地に坂本さんは多いが、格式のある家は一軒のみで、その側を殿ヶ谷戸沢という小川が流れている。

●別所内手(ときがわ町)
当地には源義賢の遺臣、加藤内蔵助貞明が住んでいたとされている。
この辺りの都幾川は急峻な渓谷を成しており、字内手の地名はこの崖に面した所にある。
道路の区割りでなんとなくここかというイメージが沸いていたが、確証はなし。

●大附内手(ときがわ町)
室町期、上田氏に仕えた某左近の住んだ場所であるという。
山間にある場所であるので、なんとなく閉塞感がありそうな想像をしていた。
大附への道はどんどん登っていき、集落に到着した頃には山腹ながら拓けた場所であった。
それ以上に価値があるのはこの集落より東京都心部の高層ビルが一望できる事である。
普門寺の西付近が内手、大附集落の東には的場の地名が残っているが、明確な遺構を発見できなかった。

●大谷ヶ原(越生町)
そのまま南下し越生町に入る。
ここ大谷は鎌倉街道上道と慈光寺道を繋ぐ道が走っていたとされ、交通が盛んな地域であった。
当地には元屋敷、堀之内、内出といった地名が残っている。
ここは以前歩いてみた事があるので、遠景写真のみで終了。

●愛宕城(越生町)
如意字白坂はかって堀の内と呼ばれていたようで、比高40m程の小さな丘が愛宕社があった事にちなみ愛宕山と呼んでいるようである。
しらさぎ団地南の丘陵部で、団地造成によりいくらか切りくずされている。
特に期待しないで藪漕ぎして行ってみたが、殆どが自然地形で、そこを屋敷と呼ぶのはいささか無理があるように感じた。


あともう数軒行こうかと思っていたが、日没により今回は終了。
まだこの近くで発見された城館まがい地が数多いので、今後も隙を見つけて城館探訪をしてみたいものである。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館探訪
本日は大変お日柄が悪くなりそうで、これから雨の予想。
それでも久々の平野部館跡の調査という事もあり、ルンルン気分で南埼玉郡菖蒲町へ。
調べ残しを解消すべく、資料を片手に回って見る事になった。

●内藤氏陣屋(菖蒲町)
やっと夜が明け、うす曇りの中だが栢間小学校の南側の解説板を見るだけに訪問。
この南を将来圏央道が開通するとの事で、これからどんどん風景が変わってくる予感が漂う。

●館山(久喜市)
福田氏の別館があったという館山へ。
今回は図面を持っての再訪問だったので堀跡の場所は簡単に発見できた。
だが、資料に載っている頃に比べて堀が埋もれているのが少々残念。

●関根氏屋敷(久喜市)
埼玉の中世城館跡においては室町期の屋敷としているだけで、肝心の関根氏については殆ど分からない状態である。
小学校がその敷地なので、小学生が来襲する前にカタを付けねばならなかった。
ので駆け足に近い周囲探索であった。不審者扱いされないでよかった。

●足利政氏館(久喜市)
なんだかんだ言ってここは初訪問であったりする。
甘棠院境内がその館跡となっており、東側より回り込んで駐車場へ赴くとご住職が居られた。
流石に県指定史跡だけあり館跡名を言っただけで見学を快諾下さった。
更に甘棠院にまつわる本まで下さり、感謝が絶えない思いである。
空堀も保存状態は良く、墓地の塀越しに遺構を見て楽しむ。
この辺りから雨の降りが本格化する。

●米津氏陣屋(久喜市)
市街化され、徹底破壊がなされていると覚悟の訪問であったが、御陣山児童公園として保存されていた。
もはや陣屋があった名残を残すのはここぐらいになっていたが、その塚になんとも言えぬ趣を感じさせられた。


それから久喜市立図書館の駐車場に車を停めさせていただき、一時間ほど仮眠する。
県立図書館の方は城館資料が全滅状態だったので、郷土資料には期待していた。
そしてその期待に応えてくれるかの如く、資料の多くを入手する事ができた。

その後、白岡町大山小学校裏にある民俗資料館に行ったが、開館日が「木曜と日曜のみ」との事で、無念の退場。
後で調べた資料によればここに「大崎陣屋」と呼ばれる江戸期の遺構があったようで、下調べの甘さに何度か泣きを見る事に。


●篠津久伊豆神社(白岡町)
当篠津地区は武蔵七党の一つ野与党が本拠であったという事から訪問。
流石に露骨な城館遺構は発見する事ができなかったが、それなりの風情を感じる境内に、
浅間神社が建つ塚には、かって物見台として利用していたのではないかという、甘い期待を感じさせられる。


それから白岡町役場へ赴き、小字名の調査をする。
運良く税務課において小字と番地の表があったのでコピーさせていただいた。
少々雨の降る中、町立図書館まで行き、資料を集めて本日は終了。

混雑する時間は睡眠を取り、空いた時間を見計らって帰宅してきた。
感想としてはあまり皆さん調べない平野部の館跡ゆえに、個人的には燃えるジャンルであるという認識を改めてしたという所か。
また近日資料集めと城館探訪をしたい所である。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館探訪
尻高城で往復でおおよそ2時間強の時間をついやし、
無事生還した儀一は次なる目的地「役原城」を目指す。

一回高山村役場付近まで国道で進み、脇道に曲がって川沿いに進む。
この川もズバリ「役原川」といい、この川沿いに役原城の所在地へと移動する。


◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館探訪
並木城を見た事であるので、その詰めの城である尻高(しったか)城へと赴く。
なお、当地に着くまでこれらの城の経緯を知らずに来ていたが、現地の案内板のお陰で事なきを得ている。
先日のオマケに載せた場所の案内板には下の写真の事が書かれていた。
尻高城の案内板

おお、先の並木城と「ゆうげい」と呼ばれる山城で「尻高城」と呼ぶのか。
しかもその「ゆうげい」にこれから立ち向かう我が身としては、期待が大きくもあり、不安もありという所。

北側から見た小野子山
目的地に向かう途中、先ほどの小野子山らが見えたので、撮影。
今は暑くもなく寒くもなくという感じで、天候に恵まれたのが本当にありがたいと思う所である。
そんな事で城の麓付近を頭の中でイメージしながら、車にて走行。
手持ちの地図はさほど役に立てないのは実証済みである。

集落で最も高い場所に来た、どうやらここは「小屋」と呼ばれる地区であるようだ。
小屋・・・いい響きだ。これから向かう尻高城の根小屋といったところか。
車で走っていたら、ついに見つけた!!

◆Read More◆ »

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:城館探訪
10月13日は仕事が休みだったので、夏場に鈍った体を鍛える意味合いも込めて、以前から行きたかった群馬県にある高山村中山城へ赴く事にした。

当方の城館探訪は基本的に高速道路を使用しない事を前提に行うので、出発は朝5時前。
久々に訪れる群馬県の城に期待しながら移動。
しかし、途中で寄り道したりしたので、高崎市を越えた辺りから通勤渋滞に巻き込まれてしまった。
天候も心配していたが、無事雲が無い快晴に恵まれた。
右から朝日を浴びながら、我が車は江戸時代の街道である三国街道を北上する。
遠目にみる赤城山が堂々としていてなかなか良い。
途中渋川市から県道35号渋川吾妻線を通る。
榛名山の山すそを通る道なので、向かいの赤城山が大変美しくも見えた。
途中に金井の寄居、祖母島城、柏原城などの諸城があったが、今回は高山村の城館跡限定で訪問するのでパス。
でも見てみたい地形も幾つもあったが、いつか見に行ってみたいものだ。

小野子山を南側より望む
段々道中が険しくなってきた。
信号待ちの時に横を見ると小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳の三山がその全容を現していた。
今回向かう城館跡は(大回りしているが)この山の裏である。

中之条町市城の交差点
途中で中之条町市城交差点より国道353号線へ。
それにしてもこの名前は萌えるものがあるのだが、手持ちの資料を見てもこの辺りには城館跡がないようである。
意外と知られていない城館跡はこういうところからポロっと出る事もあり、今後の調査次第というところもある。

中之条町市街より国道145号線を通り進路を北東へ。
いよいよ高山村に突入し、今回最初の城「戸室城」へ向かう事になる。

・・・しかし、久々の城館探訪のためか、村内に入った途端に道に迷ってしまった。
手持ちの地図が6万分の1サイズなので、道路も大雑把にしか書かれていないので迷ったのもある。
戸室城への目印はどうやら「泉竜寺」の南側との大まかな目安があったので、地元の方に聞き込みを行い、ようやく寺の所在地を知り、そこに向かった。

泉竜寺の前、花が綺麗。
車を停める場所が無いので、道幅の広い場所を探して停車する。
途中で泉竜寺の前を通ったが、天然記念物「高野槙」を表す石碑が花壇に囲まれていて綺麗だったので撮影。
青い空と赤と黄の花があり、カラーコントラストはバッチリである。

並木城への誘導看板
おお、道端に城への道順を示す看板が立てられていた。
手持ちの資料では「戸室城」となっていたが、地元では「並木城」で通っているようだ。
なお、城名が山城である「尻高(しったか)城」ともなっているのは、居館も詰めの城も一心同体という意味合いもあるのかも知れない。

並木城内
東側が一段と高くなっており、更に東側も川が流れている関係で急崖になっているという。
傾斜地ならではの城の作りになっている。
ただ、城内の殆どが住宅地や畑になっているので、少々撮影するのが戸惑われた。

並木城南端部
城の南端部は雑木林になっており、その下は宅地になっている。

並木城の解説板
道の傍らには解説板まで設置されていた。
今回の城館跡、歴史背景が和からなかっただけにありがたい。

並木城城内 その2
でも南端部が少々気になったのでちょっとだけ登ってみる。
少し登ったところで犬の合唱が始まり、足元には服に付くあの植物までもが!
これを見て萎えてしまい、行くのを止めてしまったのである。

並木城を北側の泉竜寺付近より見る
再び車の駐車場所まで戻る。
北側より並木城を見てみるが、どうしても北側は眼下に見下ろされるので丸見えである。
それゆえに詰めの城として「尻高城」を築いたのであろう。
その尻高城はというと・・・

泉竜寺付近より尻高城を望む
うわ、あの山か。
少々きついかと思うが、山城のリハビリの為、頑張ってみねば。


次回「尻高城」に続く!!


オマケ
国道沿いに設置されている尻高城への案内板
後で尻高城(並木城)への案内板が国道からの入口にあることを気づいた。
この碑を目印に並木城へ向かえば迷う事が無い・・・と思う。
| BLOG TOP |

copyright © 赤服の日記帳 all rights reserved.Powered by FC2ブログ

カスタマイズ